自動車保険に加入したい場合、土日祝日しか休みがないのでその日に契約したいという思いは、平日にお仕事を頑張っているあなたにもあるでしょう。

 

普通の会社であれば土日祝日は休みのところが多いので心配になるところです。

 

結論から言うと、契約することはできます。

 

土日祝日に契約できる自動車保険

ただし、どこでもすべて契約できるというわけではありません。

 

通常であれば自動車保険に加入する窓口としては自動車保険 土日祝日

  • 通販型保険会社
  • 代理店販売型保険会社
  • 保険代理店
  • 自動車ディーラー
  • 保険ショップ

などになります。

 

【関連記事】

自動車保険の加入窓口とは

 

この中では通販型保険会社とディーラー、保険ショップなどは土日祝日であってもたいていは営業しているので契約することができます。

 

保険ショップの中には日曜日が定休日となっているところがありますが、大手なら大丈夫です。

 

逆に契約ができないのは、基本的に土日が休みの代理店型保険会社へ直接行くという場合です。

 

通販型自動車保険会社

事故対応だけではなく、契約に関することでも電話で対応をしてもらえますし、インターネットであれば365日24時間契約手続きが可能です。

 

ただし、郵送手続きになると書類が保険会社へ届いてからの手続きになるので日数が掛かってしまいます。

 

事前に見積もりをとっておくとスムーズに手続きできます。

⇒約16社の見積もりを5分でしてみる

 

代理店販売型保険会社

国内の大手損保会社がこれに当たります。

平日のみの営業になるので、保険会社へ出向いて契約することはできません。

 

しかし、担当者へ事前に連絡して了解してもらえれば土日でも来てもらえることがあります。

 

保険代理店

代理店の場合、そのお店ごとに対応が違います。

 

「平日のみの営業」「お店は休みだけれど、担当者は土日も動いている」「年中無休で対応してくれる」など様々です。

 

特に個人顧客メインで営業している場合には土日に契約手続きをしてもらえるケースが多いと思います。

 

ただし、日曜日に電話をしてその日に来てもらうというのは難しいと思いますので、事前に約束しておきましょう。

 

自動車ディーラー

大型連休や定休日以外は土日もやっているところがほとんどです。

 

そのお店で見積書や契約書などを出せないケースもたまにありますので、事前に確認しておきましょう。

 

最近ではディーラーの営業マンも積極的に自動車保険を販売してきます。

 

保険ショップ

保険ショップの多くがショッピングセンターの中にあったり、個人顧客をターゲットにしているため、土日は営業しています。

 

こちらは事前予約制なので、インターネットや電話で事前に予約を入れておきましょう。

 

生命保険メインでやっているお店の場合、たまに断られるお店もあります。

 

⇒近くの保険ショップで相談するにはこちら

 

事前に見積もりや予約をしておきましょう

土日祝日に自動車保険の契約をすることは可能ですが、日曜日にいきなりお店に行って、その日に契約、即日からの補償開始というのはできないケースが多いと思います。

 

通販型自動車保険会社では365日契約することができるのですが、即日からの補償開始はできません。

 

【関連記事】

自動車保険に即日で契約する方法

 

また、代理店、ディーラー、保険ショップで契約するにも書類作成などの事情があり、すぐに契約できない可能性もありますので、少し前に連絡を取って確認しておきましょう。

 

ただ、現在は決済方法も初回口座振替やクレジットカード払いなど「キャッシュレス契約」ができるようになっていますので、現金でお金を準備することも少なくなってきています。

 

また、平日以外にも対応しているところも増えています。

 

そういった点では、以前に比べると自動車保険も土日祝日に契約しやすくなったと言えるでしょう。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru