新しく車を購入したが任意保険の準備をしていかなったために、即日で自動車保険に加入しないといけないケースもあります。

 

自賠責保険は強制保険なので、車検の時にどうしても必要となりますので購入される車屋さんで何かしら手配されることがほとんどだと思います。

 

ディーラーさんや大きめの車屋さんであれば任意保険は必ず勧めてこられるます。

 

しかし、最近ではクルマを販売されているからと言って、必ずしも自動車保険を取り扱っているかというと、そうでもなくなってきました。

 

クルマが納車されたあとで、『そういえば任意保険に加入していない』という場合、即日で自動車保険に加入する方法をお伝えしたいと思います。

 

自動車保険に即日、今すぐに加入する方法

自動車保険 即日

時間を掛けずに加入する方法としては

  • 保険代理店にお願いする
  • 車を買った販売店で加入する
  • 保険ショップで加入する

などがあります。

 

焦って入ってもろくなことがありませんが、加入せずに運転するわけにはいきませんので、それぞれの手続の進め方と注意点などをご紹介します。

保険代理店にお願いする

もし、付き合いのある保険代理店があれば、そちらでお願いすると良いでしょう。

口座振替やクレジットカード払いであれば、現金を準備しなくても捺印したりサインをしたりするだけで補償を開始することができます。

 

担当者にすぐに来てもらうことは難しいかもしれないので、こちらからお店に出向くなどが必要な場合もあります。

また、代理店販売型の保険会社であれば、その場で手続きできることもあります。

 

私が保険代理店で勤務していたときも、いきなり言われた場合でも来店であれば対応できていました。

 

また、車検証をこちらからFAXやメールで送ったりして見積もりをしてもらってから申込書類を作ってもらう流れになりますので、当日では対応してもらえないこともあるかもしれません。

 

下記でお話しているダイレクト型と違って、代理店なら当日契約が可能です。

 

また、補償内容や運転者の条件など細かくヒヤリングしてくれるところも多いと思いますし、きめ細かい対応が期待できます。

 

車を買った自動車販売店で加入する

クルマを販売しているお店は損保会社の代理店をしていることが多いと思います。

自動車保険 即日

購入した自動車の情報もよく知ってくれているので話が早いと思います。

 

規模が大きくなればなるほどその場で対応してくれることも多いとは思いますが、代理店登録をしていても自分ですぐに見積もりができないところも多いので、今すぐ即日でというのは難しいところもあります。

 

どこか代理店を紹介してもらえるかもしれませんし、特に代理店の知り合いなどがいない場合には、一度お店にも声を掛けてみてください。

 

保険ショップで加入する

近年増えてきた「保険ショップ」で加入するのも1つの方法です。

保険ショップも代理店になりますので、当日の契約が可能です。

 

ただし、生命保険をメインに販売しているところがほとんどなので、即日に対応してくれるかは、そのお店の方針によります。

 

特にダイレクト型自動車保険しか扱いがないところでは、保険の開始が翌日からになってしまいます。

自動車保険を複数社取り扱っているところがおすすめですよ。

事前に電話で問い合わせておきましょう。

ダイレクト通販型自動車保険は即日で加入できない

インターネット通販型自動車保険会社を利用するとすぐに契約ができそうですが、実際にはできません。

 

最近ではクレジットカード決済を利用することで最短で翌日には契約できるダイレクト通販型が増えてきましたが、さすがに当日は無理です。

 

なぜなら、それができてしまうと事故が起こってからネットで自動車保険に加入する人が出て来る可能性があるからです。

 

例えば、物損事故だったら人身事故と違って、警察を呼ぶのが少し遅れても問題ないケースが多いんですね。

車両保険の単独事故だったらなおさらです。

 

そのような保険金詐欺をなくすために、通販型自動車保険では契約の翌日からしか補償が開始できないようになってるんですね。

 

しかし、

 

「補償開始は翌日からでも良いよ」という場合には、通販型は安いのでオススメです。

 

自動車保険の一括見積もりサイトを使って安いところで契約して、補償は翌日からでもOKです。

 

一括見積もりをする際には、車検証を見ながら情報を入力していくので多少の手間は掛かりますが、それでも5分くらいで見積もりができるでしょう。

あとは、その中から自分に合った内容で安い保険会社を選ぶだけです。

 

見積もりを見るためにアクセスした保険会社のホームページからそのまま申し込むことができます。

 

「おとなの自動車保険」やSBI損保などは今日契約すれば翌日から補償を開始することができます。

 

ダイレクト通販型の方が保険料も安いので、無理して当日に契約するよりも1日待って運転したほうがいいかもしれませんね。

 

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru