ダイレクト自動車保険は事故対応力で選ぶべきです!

 

毎月、それなりの金額を自動車保険に支払っているのにも関わらず、事故にあったときに「役に立たない」では、意味がありません。

 

自動車保険を選ぶ上で金額も大事ですが、全てがネットで完結してしまうダイレクト自動車保険に関しては事故対応力こそ重視すべきでしょう。

【2018年版】ダイレクト自動車保険事故対応ランキング&比較表TOP5

順位 会社名 保険名 JDパワー オリコン 安さ ロードサービス 解決力
1位 チューリッヒ ネット専用自動車保険 701 75.6 ★5 ★4.8 ★4.8
2位 ソニー損保 〃自動車保険 684 75.87 ★4.5 ★5 ★5
3位 セゾン自動車火災保険 おとなの自動車保険 666 75.51 ★4.7 ★4.5 ★4.7
4位 イーデザイン損保 〃自動車保険 675 75.43 ★4.7 ★4.5 ★4.5
5位 アクサダイレクト 〃自動車保険 653 74.89 ★4.5 ★4.5 ★4.5

参考①::JDパワー:2017年日本自動車保険事故対応満足度調査

参考②::オリコン: 自動車保険のランキング・比較

事故対応1位|チューリッヒ:ネット専用自動車保険

  1. スピーディーで業界トップクラスの事故対応!
  2. 安心で充実した経過報告
  3. スマホで超簡単ロードサービス

 

ダイレクト自動車保険の中でも、群を抜いて高い事故対応が評価されているのが「チューリッヒ」の「ネット専用自動車保険」です。

ネット専用自動車保険は、その名の通り“ネット専用”であるため、保険料が同じダイレクト自動車保険と比べても安く、顧客満足度を押し上げています。

さて、このネット専用自動車保険は「ロードサービス」がオプションサービスとなっており、事故後の対応はロードサービスに加入しているか、どうかで決まります。

仮にロードサービスをオプションで設定している場合は、以下のような手厚いサービスを受けられます。

チューリッヒ:ロードサービス内容

 

  • 事故対応:24時間365日
  • レッカー:100kmまでサポート
  • 代車(レンタカー):24時間OK
  • バッテリー上がり:対応
  • 旅行キャンセル費:5万円まで
  • 修理後の搬送費用:自宅まで搬送する費用を全額サポート

 

またチューリッヒの事故後の対応として、優れているところは業界トップクラスの支払いまでのスピードです。
事故受付 ➞ 損害サービスセンター ➞ 保険金のお支払まで一括して対応できるシステム「Z-TRUSTシステム」により、お客様のデータを一元管理。
保険金のお支払いを迅速に確実にすることが可能となり、その結果が顧客満足度につながっているようです。

 

さらに事故で居場所がわからない時にも、スマホのGPSデータと連動して対応することが出来るところや、スタッフの手厚いサポートという部分でも、高く評価された結果、当サイトでもダイレクト自動車保険ランキングで1位に君臨しました。

チューリッヒ 口コミ・評判

初期対応について、オペレーターの方にわかりやすく説明いただきました。故障でロードサービスを利用した際、牽引車は保険会社で手配していただいたのですが、車の修理会社、レンタカー会社との交渉、タクシーの手配は自分でしなければならなかったため、少し不満が残りました。これらについても保険会社で交渉等をしていただけると助かると思いました。保険金の支払いはスムーズでした。コミュニケーションや事故処理は、必要に応じて電話連絡をいただいたり、迅速だったかと思います。
(東京都/50代/男性/日産/プレサージュ/4万円台)

「チューリッヒの事故対応力は高い」とよく言われますが、その1番の要因は“電話対応”にあるようです。

確かに事故を起こして、パニック状態になっている時に、オペレーターのひと言で冷静になり、スムーズに示談交渉まで進めることが出来た――というケースは少なくありませんでした。

 

また保険料の支払いまでのスピード感も、口コミ内では高く評価されており、迅速な事故対応とその後のアフターケアまで含めて、チューリッヒはダイレクト自動車保険の中でも、トップクラスと言えるみたいです。

 

ただし、満足度の高さには値段の安さが考慮されているため、金額を考えず事故対応だけを見た時には、若干他社と見劣りしてしまう部分も……。

事故対応2位|ソニー損保:ソニー損保の自動車保険

  1. セコムと提携!安心のサービス対応
  2. ロードサービスの利用は等級・保険料に関係なし
  3. ダイレクト自動車保険15年連続売上1位の実績

 

「保険料は走る分だけ」でお馴染みの、コチラも金額の安さが売りの1つであるダイレクト自動車保険、ソニー損保。

保険料こそ、チューリッヒに押され気味ですが、トータル的な事故対応力は、非常に高いと言わざるを得ません。

 

通常のロードサービスだけでなく、万が一の時には警備会社である「セコム」も救援に駆けつけてくれるため、安心感では保険会社の中でも、群を抜いて言えるでしょう。

ソニー損保:ロードサービス内容

 

  • 事故対応:24時間365日
  • レッカー:150kmまでサポート
  • 代車(レンタカー):24時間OK (トラブル後のレンタカーサポートも)
  • バッテリー上がり:対応
  • 宿泊費用:1泊分
  • 目的地到着費用:目的地への交通費(電車・バス・飛行機・タクシー・船舶)の実費を限度額なし

 

通常の事故対応力を見るだけで、サービスの充実度合いがわかりますが上記サービスにセコムの対応がつきます。

ソニー損保:セコムの対応

 

  1. 事故現場に急行
  2. 事故現場でお客様をサポート
  3. 救急車やレッカーなどの手配

 

セキュリティ業界第1位のセコムが万が一の時には駆けつけてくれるという安心感は、正直他の保険会社にはありません。
また、15年以上ダイレクト自動車保険の売上が業界1位であり続けたことを考えても、「失敗しないダイレクト自動車保険選びをしたい」という方は、ソニー損保が無難な選択肢かも知れません。

ソニー損保 口コミ・評判

相手方が直に会いたい、連絡を欲しいなどを仰る方だったので、保険会社で中に入っていただくようにお願いしました。誠意をもって謝罪した後でしたが、その後の連絡も頻繁で対応に困惑していたのですが、担当者さんがこちらにお任せ下さいと言ってくださり有り難かったです。代車の手配や修理への対応など、本当に迅速に対応していただきました。担当者さんの顔写真入りの手紙が送られてくるのも、大変心強かったです。電話だけのやり取りであるので、顔が見えるのは安心出来ます。まだ示談交渉中ですが、安心してお任せしております。
(滋賀県/30代/女性/ホンダ/ステップワゴン/3万円台)

ダイレクト自動車保険、1番のネックは「顔が見えない」ということでしょう。
実際に事故にあったときに、担当者の不透明さから不安な思いをされる方は少なくありません。

しかし、ソニー損保の自動車保険にはセコムがついています。
担当者からの電話だけでなく、セコム隊員が緊急時に駆けつけてくれるため、万が一の時にもきちんと対応してくれることでしょう。

もちろん、事故時の電話対応も多くの方が高く評価しており、連絡の取りやすさという点でも、ソニー損保は安心感を持てる会社のようです。

事故対応3位|イーデザイン損保:〃自動車保険

  1. すべてのご契約にセコム事故現場急行サービス付き
  2. もらい事故でも安心の弁護士費用等補償保険
  3. 事故後のアフターケアも万全!

東京海上グループのイーデザイン損保は“お客様のことを考えた事故対応”が充実しているダイレクト自動車保険です。

ソニー損保と同じくセコムと提携しているため、事故時の安心感は高く。万が一の時にも、セコムに頼ることが出来るというのが大きなメリットでしょう。

またイーデザイン損保は、東京海上グループの経験をふまえた上で、すべての契約に「弁護士費用等補償保険」がついており、自分に非がない「もらい事故」でも安心して任せられます。

ちなみに気になるイーデザイン損保のロードサービスは以下の通りです。

イーデザイン損保:ロードサービス内容

 

  • 事故対応:24時間365日
  • レッカー:60kmまでサポート
  • バッテリー上がり:対応
  • 燃料切れ時:ガソリン配達サービス(10L)
  • 交通事故時の移動:情報提供サービスのみ

 

ロードサービスだけで見ると、サービス内容は先に初回したチューリッヒとソニー損保に、どうしても見劣りしてしまう部分が……。

しかし、東京海上グループのノウハウからか、イーデザイン損保は事故後のアフターケアが充実しており、事故時だけでなく、事故による不安を臨床心理士がサポートしたり、日常の身体のの不調やお悩みに応えるメディカルコールサービスなどが保険加入者は受けられます。
(上記サービスを利用する際には条件があります。)

イーデザイン損保 口コミ・評判

ミラーを僅かに擦った程度(ようく見ないと分からない程度)の物損事案であったが、相手が新車のベンツということか、小生にとっては法外な修理費用の請求であったため難色を示したところ、迅速に相手に対応していただき、当初の6割程度の金額(それでも全然高いと思っているが)になった。相手が中古車ディラーの経営者で、自社で修理を行うとのことで、お金はその会社の口座に振り込まれることになったとの説明があり、この金額での解決を勧められ、事案発生から2日で解決できた。この間小生が相手と一切交渉しなくて良かったのは、嬉しかった。

(東京都/60代/男性/トヨタ/プリウス/3万円台)

イーデザイン損保は東京海上日動グループということもあってか、電話対応能力は高め。
口コミ内では電話サポートの「迅速な対応」「オペレーターの品質」という点を高く評価されている口コミが多く見受けられました。

口コミから受け取った印象ではありますが、大手の自動車保険に比べると、全体的なサービスがややパワー不足な感が。
補償に関する口コミでは「やや不満」と見受けられるモノが少なからずあり、「まさかの時でも、しっかり補償を」という方は、他の保険が良いかも?

事故対応4位|セゾン自動車火災保険:おとなの自動車保険

  1. ALSOKと提携で事故後のサービスも安心
  2. つながるボタン・アプリですぐに相談可能
  3. 幅広いロードサービス

年齢と共に自動車保険料が年々安くなっていく、お歳を召された方にオススメの自動車保険が「セゾン自動車火災保険」の「おとなの自動車保険」です。

 

チューリッヒのネット専用自動車保険と同じく、おとなの自動車保険もロードサービスなしで、保険料を安く抑えることが出来ます。
それでは「ロードサービス有り」を選んだ際にはどのようなサービスを受けられるのでしょうか?

 

まず、セコムと同じく大手セキュリティ会社である「ALSOK」が事故現場に駆けつけ対応してくれるため、“万が一”の際にもある程度安心することが出来るでしょう。

また、おとなの自動車保険では、以下のような充実したロードサービスが受けられます。

セゾン自動車火災保険:ロードサービス内容

 

  • 事故対応:24時間365日
  • レッカー:他サービスと合算で15万円までサポート
  • バッテリー上がり:他サービスと合算で15万円までサポート
  • 燃料切れ時:ガソリン配達サービス(10L)
  • 交通事故時の宿泊:1万円/名
  • 交通事故時の移動:~2万円/名

 

他の自動車保険と異なり、レカー移動費用やバッテリー上がり、スペアタイヤ交換などに関しては、それぞれかかる費用を合算して15万円までならサービスを無料で受けられるようになっています。

 

そして、おとなの自動車保険最大の特徴は「つながるボタン」「つながるアプリ」による、安心の仕組みでしょう。

万が一の事故の際にも「つながるボタン」「つながるアプリ」があることで、ボタン1つで事故受付担当者に相談できたり、事故現場にALSOK隊員のかけつけを要請することが出来ます。

 

どうしても事故にあった時には、誰しもパニックになってしまいますが、ボタンを押すだけで後は保険会社とALSOKに任せられることを考えると、「つながるボタン」「つながるアプリ」はかなり便利な保険と言えるかも知れません。

おとなの自動車保険 口コミ・評判

旅先で加害者として衝突事故を起こした。気が動転してる中電話をしたのですが、冷静かつ丁寧に対応してもらったおかげで、ずいぶんと精神的に助かった。後日、相手方との調整状況を金銭的な話も含め電話で共有してもらった。数日後すべての処理が終了したと連絡があった。保険会社からすると慣れたいつものやり取りとは思うが、すべてお任せしてスムーズに処理が完了したことで信頼感が高まった。
(神奈川県/60代/女性/ホンダ/ストリーム/5万円台)

おとなの自動車保険は「事故対応がスムーズだ」という声が多く見受けられました。
初期対応の速さやその後の対応、経過報告も含め保険料の割には事故対応は高く従業員教育がしっかり行われている印象を受けました。

 

ある程度、顧客の年齢をしぼっているからか、基本的には「私たちにお任せください」と言ったサービスで、保険加入者が自分でなんかやらなければならない……というケースは少ないようです。

 

事故対応力は十分高さ、そして加入金額の安さを考えると、おとなの自動車保険のコストパフォーマンスは高いと言わざるを得ない!
チューリッヒのようなスピード感には、やや劣るもののそれでも金額から考えるとサービス内容としては、悪くないハズ。

事故対応5位|アクサダイレクト:〃自動車保険

  1. 「チームアクサ」で事故対応・対面相談・車両修理までカバー
  2. ペットへの対応も含めた充実のロードサービス
  3. 長期利用でサービスがパワーアップ

ダイレクト型の保険会社として、名高い「アクサダイレクト」は交通事故の事故対応力も高く、他の自動車保険会社ではなかなかないサービスが魅力の1つです。

 

まず事故対応を専門のチームが行い、それぞれの分野のプロフェッショナルが、アナタの交通事故状況に合わせてアナタと、アナタの車をしっかりカバー。
その業務を専門的に行っているプロが事故対応にあたるため、事故後の対応がスムーズに進みやすいという特徴があります。

 

次に充実のロードサービスもアクサダイレクトならではの物が揃っています。

アクサダイレクト:ロードサービス内容

 

  • 事故対応:24時間365日
  • レッカー:指定する最寄修理工場まで無制限&無料
  • バッテリー上がり:対応
  • 雪害:雪道スタック引出し作業
  • ペットの宿泊費:1泊まで補償

 

アクサダイレクトのロードサービスは、かなり独特。

基本的なサービスはもちろん、地味に嬉しいレッカー移動が、ロードサービスが指定する最寄りの向上までなら、レッカー移動無制限&無料。
(自分指定の場合は35kmまで)

バッテリー上がりやスペアタイヤ交換作業なども、サービス内で行ってくれるのはもちろん、雪害時の自力走行出来なくなった車の引き出し作業もロードサービスとして行ってくれます!

 

そして、驚くべきは交通事故時のペットの宿泊費を1泊まで補償してくれること。
日本広しと言えど、ココまで細かなロードサービスは、なかなかありませんよ!

さらにアクサダイレクトを利用して2年目以降は、ロードサービスがパワーアップ。
ガス欠時の燃料補給作業の歳には、ガソリン・ハイオク・軽油を10リットルまで無料提供。

またご自宅の玄関の鍵開けサービスまで、ロードサービスの範囲内で行ってくれます。

アクサダイレクト 口コミ・評判

物損事故を起こした時の対応はとても、的確かつ迅速だった。ロードサービスへもすぐに対応していただき、その担当者からもすぐに電話がはいり、何時頃到着します。など、安心させてもらえた。その後の対応は、保険会社の担当者から、事後の先方との交渉の進捗状況やその結果をすぐに電話で報告があり、また今後の保険料についでも具体的な金額と共に説明があった。電話が出られないときも、何度も連絡をして下さり、いつも同じ人が連絡して下さったので、安心感があった。事故後から、処理完了までの流れは速かったと思う。
(神奈川県/30代/女性/日産/エルグランド/3万円台)

交通事故後の対応で地味に大切なこと。
それが担当者・サービスが変わらないことです。

 

アクサダイレクトは事故処理専門のチームがいる関係もあってか、しっかりとしたマニュアルが作られており、口コミを見た範囲ですが事故対応サービスはかなり充実しているようです。

流石に他の自動車保険のようにセキュリティ会社が直接事故現場に来てくれる……ということはありませんが、それでもチーム一丸となって事故処理にあたってくれるので、安心感はあります。

“万が一”の事故対応と充実したロードサービスで自動車保険を選びたい、という方はアクサダイレクトという選択肢も悪くないのではないでしょうか?

自動車保険の事故対応力はなぜ重要なのか?

自動車保険の事故対応力は、“万が一”の際に、どれだけその会社が頼りになるのかを表す1つの指標です。

 

最近では自動ブレーキシステム搭載車両も多数販売されていることもあり、交通事故の発生件数事態は大幅に減少しています。
交通事故による死亡者数は2017年度は3694人と、前年度に比べると5%以上も減少しています。

 

しかし、死亡事故以外の交通事故の件数は2017年だけで47万2165件です。
日本では1分間に1件のペースで交通事故が起きると言われています。

 

そして、そのうちの1件にアナタがカウントされた時、頼りなるのはほとんどの場合警察ではなく、保険会社です。
毎月決して安くないお金を自動車保険会社に支払っていますが、“金額だけ”で自動車保険会社を選んでしまうと、肝心の交通事故のときに適当な対応をされてしまい、結果的に自分で交通事故の処理――示談交渉や車の修理、レッカー移動などを余儀なくされることがあります。

でも、ソレって自動車保険会社の意味ないですよね……?

自動車保険は「転ばぬ先の杖」ではなく、交通事故という思わぬアクシデントに対処してくれる「頼れるパートナー」でなければならない。

だからこそ、万が一に備えて、どの会社がどのような事故対応力があり。
さらに事故とまではいかないものの、車に関するアクシデント(ロードサービスが必要な状況)にどう対処してくれるのかを知っておく必要があります。

 

人それぞれライフスタイルはバラバラ。
自動車保険の選び方も人それぞれでしょう。

 

しかし、事前に各保険会社――特に事故対応が不透明に思われがちなダイレクト型自動車保険の場合は――その事故対応力とロードサービスの違いはしっかりと把握し、年間費・補償内容・特約・ロードサービス・事故対応力をそれぞれ比較し、自分にあった自動車保険を選ぶべき!

 

特に自動車保険に加入する意味とすら言える「事故対応力」は、今回の記事を参考に必ず注意するようにしてくださいね!

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru