私の知人が自動車保険の満期が近づいてきたとのことで、「ほけんの窓口」で相談された実際の体験談を書いていただきました。

提案された内容は同じ補償で最大約17,000円安くなるものだったとのことで、喜んでました。

ほけんの窓口で自動車保険見直し提案してもらった体験談

自動車保険の満期が近づいてきたので、保険の見直しを検討してみることにしました。

 

現在の保険内容で見積もり比較するだけであれば、ネットの一括見積りで依頼すると何社からも連絡が来ます。

 

しかし、それだと保険の意味を分からずに一律で見積もりがくるだけで、本当に自分にあった保険となっているのか、分からず不安でした。

 

そこで、テレビCMを見て気になっていた「ほけんの窓口」で相談してみることに。

 

インターネットで調べてみると近くのお店を簡単に検索して調べることができました。

予約もカレンダーをクリックするとすぐに空き状況がわかるので、ネットから簡単に予約できます。

仕事の休みの土曜日を利用して、自宅近くの「ほけんの窓口」へ足を運びました。

 

お店に着くと、まずは担当の方から名刺を頂きました。

 

2級ファイナンシャルプランニング技能士とあります。国家資格です。

 

次に相談したい内容の確認をされたのですが、私の要望としては

  • 保険料は安くできるか?
  • 補償内容は適しているか?
  • 自分に合った保険会社を提案してほしい

の3点を伝えました。相談会指針と個人情報の取り扱いについて説明を受けました。

一括見積りスタート

 

 

現在の補償内容と条件

私の乗っている車や補償内容などをご紹介したいと思います。

 

【保険の対象】

車種:マツダ フレア

初度登録:2015年5月(新車で購入して1年経過)

型式 MJ34S

 

【現在の契約の条件】

現在の保険会社:損保ジャパン日本興亜

ノンフリート等級:更新後16等級

使用目的:日常・レジャー

免許証の色:ゴールド

 

【補償内容】

対人対物:無制限

人身傷害:5000万円

搭乗者傷害:1000万円

車両保険:一般(免責金額 5万円-10万円)

その他の特約はなし

更新後の保険料は69,620円です。

損保ジャパン

プランナーの方からは、この条件で補償内容は過不足はないとのご返事でした。

そのかたがおっしゃるには、保険を見直すときのポイントは、

  • 運転者年齢条件
  • 運転者限定
  • 搭乗者傷害
  • 車両保険

とのことでした。

 

運転者については、家族構成などの変化で見直し、搭乗者傷害は事故の相手ではなく自分側の障害についてなので、付けるかどうか意見が分かれる項目とのことです。

 

車両保険は、新車から3~5年程度は付けた方が良く、特に運転が苦手で車を傷付けやすい方には勧めているとのことでした。

 

また、おすすめの特約として「弁護士費用特約」と「対物全損時修理差額費用(臨時費用)特約」を提案されました。

これら2つの特約は、事故の相手が素直に対応しないなど話がこじれた場合に安心な特約で、車は車両保険でカバー、自分の精神的負担はこの特約で軽減される保険になると感じました。

 

*各プラン表の左側が現在の加入内容と同プランで、右側が特約を付けたプランです。

 

これら2つの特約を追加した場合、今回の保険会社では1,000円から3,000円の保険料アップにはなります。

 

でも、この内容で数千円程度であれば納得と思いました。

ほけんの窓口からの提案の自動車保険のプラン

提案していただいた保険会社は、同じ補償ができる2社でお願いしました。

出てきたのは、朝日火災と富士火災です。

朝日火災の自動車保険

自動車保険は、1年間ごとに更新するものと思っていましたが、7年間継続というタイプがあると初めて聞きました。

 

それは、朝日火災海上保険の「ASAP個人用自動車保険」です。

朝日火災

通常は、事故を起こすと3等級(ほとんど)下がり、翌年の保険料が高くなります。

 

この7年の保険は、事故を起こしても基本的に7年間決まった保険料を払えば良いのです。

 

契約時に免許証がゴールドであれば、途中で色が変わっても7年間ゴールドとしての保険料になります。

 

保険料は、7年合計で321,170円、1年間ごとの保険料は、年々安くなっていき、初回は52,800円で7年目は38,740円です。

現在よりも16,820円安くなります。

富士火災の自動車保険

富士火災海上保険の「FAP NEO」は、事故時に人が来て対応してくれるのが一番のメリットです。

現場まで人が来て相手とやり取りをしてくれるなんて聞いたことがなかったのでビックリです。

保険料は現在の損保ジャパンよりもおよそ12,000円安くて57,700円でした。

富士火災

保険料は今回提案していただいたものでは、いずれも約17000~12000円ほど保険料が安くなりました。

なお、ロードサービスは細かい条件は異なるものの、いずれも有りです。

相談してみた感想

現在加入している損保ジャパン日本興亜の「THEクルマの保険」は、保険料が高めでした。事故時の対応も電話のみです。

 

保険料は、1年間69,620円なので、かなり高い保険料を払ってたんだなとがっかりしました。

 

ほけんの窓口で提案してもらった保険会社にすれば、約17000円~14000円も安くなります。

 

それと私の場合、ダイレクト系だと電話だけの対応になるのが不安でした。

 

目の前で相談して説明してくれるこの安心感は、保険料以上の価値があり、私のニーズに合っていて、やはり代理店系の保険に加入した方が心強いです。

 

この相談で保険会社や保険内容を選ぶポイントを教えていただいたと思いますし、相談して良かったと実感しました。

 

様々な項目について、一番分かりやすい会社のパンフレットを探して説明してくれます。

これは、保険会社の営業の方ではできない事であり、相談者に対して分かりやすい説明をしようとしてくれている証拠だと思います。

 

まさに中立な立場で相談者に適した保険を提案してくれようとしてくれていると実感しました。

 

そして驚いたのが、まったく勧誘してきません。

 

スマホショップへ行って相談した時と同じようなフランクさもありました。

 

約2時間で終了。あっという間でした。この様な充実した2時間の相談で無料とは、申し訳ないと思ってしまいました。

 

富士火災と朝日火災のどちらかにしようと思いますが、特約を付けるかどうかも含めて、自動車保険の満期までもう少し考えてみたいと思います。

一括見積りスタート

 

 

今度は生命保険の見直しに行く予定です。

 

私は、この保険ショップがとても気に入りました!

 

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru