私は満期のタイミングで、自動車保険の一括見積もりサービスを利用して、

年間保険料を25,470円も安くすることができました。

今回利用したサービスはこちらです↓ ↓ ↓
⇒約16社の見積もりを5分でしてみる

自動車保険一括見積もり体験記

まず、見積もりをするための私の車や運転者の条件などの情報ですが、

  • 車種・・・トヨタ シエンタ
  • 初度登録・・・2009年6月
  • ノンフリート等級・・・20等級
  • 免許証の色・・・ブルー
  • 使用目的・・・日常・レジャー
  • 運転者の範囲・・・本人・配偶者
  • 年齢条件・・・30歳以上

これが基本的な条件です。

現在加入している内容

また、基本的な現在の条件と補償内容としては

  • 対人・対物・・・無制限
  • 人身傷害保険・・・3000万円(搭乗中のみ)
  • 搭乗者傷害保険・・・1000万円
  • 車両保険・・・一般条件 80万円(免責は1回目5万円、2回目10万円)
  • 弁護士費用・・・あり
  • 個人賠償保険・・・あり
  • 身の回り品・・・なし
  • 運転者限定・・・なし
  • 年齢条件・・・26歳以上

このような内容です。

加入しているAIUの自動車保険は26歳以上限定が上限とのことで、26歳以上になっています。

今回、私が変更したい条件

運転者限定なし ⇒ 本人・配偶者限定

 

これまで年齢条件だけしか入れていませんでしたが、仕事で使わなくなったことで私と妻しか運転しないことになりましたので、このような変更をしたいと考えています。

 

以上のような点を踏まえて、一括見積もり依頼をかけてみました。

一括見積もりの結果

必要事項を入力していくと特にメリットがあると思われる6社の見積もりが出てきました。

今回出てきたのはダイレクト系のみの6社で以下の保険会社です。

  • 三井ダイレクト
  • SBI損保
  • おとなの自動車保険
  • イーデザイン損保
  • アクサダイレクト
  • ソニー損保

現在加入している自動車保険の加入内容や車の情報などを入力して送信したら、5分位でメールで見積もりが各社から届きます。

 

しかし、最初に出てきた見積もりはこちらの意図するところと相違があったので、若干の修正をしてみました。
見積もりを修正するには、メールに貼ってあるリンクから保険会社のサイトに飛ぶことができるので、そこで簡単に修正ができます。

 

それをまとめたものが以下の表になります。

見積もり体験

*クリックすると大きくなります

 

保険料では現在加入のAIUよりも25000円~33000円くらい安くなるので、どれに入っても金額の上ではメリットがあります。

個人賠償保険は外せない

ここで私がこだわったのは「個人賠償保険」です。

うちには小さい子供が2人いるので、これを外すことはできません。

【参考記事】

個人賠償保険特約とは

 

個人賠償保険が付けられる保険会社で選ぶと

  • おとなの自動車保険・・・40,790円
  • アクサダイレクト・・・44,130円
  • ソニー損保・・・41,420円

の3社になります。

見積もり体験2

この中で安さで選ぶと「おとなの自動車保険」が有力になります。

車両保険でも80万円付けられます(他の2社は65万円)

 

この3社で比較すると約3500円くらいの差があるのですが、今回はアクサダイレクト決めました。

 

⇒約16社の見積もりを5分でしてみる

 

なぜ保険料が高いアクサダイレクトに決めたのか?

私が最も重要視するのが「事故対応力」です。

最安値の保険会社を選んだとしても、事故で大変な思いをするのはできれば避けたいものです。

 

アクサダイレクトの自動車保険】でもお伝えしているのですが、アクサなら万一の事故に遭った際には

  • フィールドマネージャーが訪問してくれる
  • 土日祝日も対応してくれる
  • ロードサービスが充実している

これらの理由からです。

ほとんどの保険会社は事故担当者が電話で対応します。

 

事故鑑定人などを現地に派遣して被害状況などを確認しますが、契約者や被害者のところまで訪問をしてくれないケースが多いと思います。

 

ダイレクト通販型自動車保険の場合は代理店が間に入らないので、複雑な事故の場合で双方納得して解決をしようと思うと、訪問して説明してもらえることは非常にありがたいんですね。

 

しかも、全国の8拠点の中からなので、私のように地方に住んでいる場合でも来てもらえるとのことです。
また、土日も含めて初期対応をしてもらえることで、事故の相手を怒らせてしまう確率も下がると思います。

 

そして、ロードサービスも十分ですね。

実際に事故対応を経験してみないとわからないのですが、総合的に見てアクサダイレクトが良いと思いました。

 

保険料は6社の中で一番高いのですが、見るところは安さだけではないということです。

 

私の場合は、元々の保険料が高かったのでそれに比べると25,470円安くなります。
私は保険の仕事をやっていたので、これくらいの保険料差だったら事故対応が良い所を選びます。
欲を言えば、アクサダイレクトのインターネット割引がもう少し大きければというところです。

 

とは言え、私にとってはこれで満足ができる内容でした。

 

こういった形で、補償内容と保険料を総合的に比較できるのがこのサービスのメリットの1つです。

 

インターネットの自動車保険一括見積もりサービスが大変便利なものだということが体感できる体験談になりました。

 

今回利用したサービスはこちらです↓ ↓ ↓
⇒約16社の見積もりを5分でしてみる

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru