2台目の自動車保険は安い見積もりで契約したいという思いはあると思います。

 

当たり前ですが、1台よりも2台の方が維持費も倍近くかかるはずなので、保険をお得に加入して少しでもコストを抑えたいですよね。

2台目の自動車保険の安い見積もりを取るには

自動車保険で2台目の車を購入する場合の安い掛け方』でも詳しくお伝えしていますが、先に結論から言ってしまうと、「自動車保険の一括見積もりサービス」を利用することが安い見積もりへの一番の近道です。

自動車保険 見積もり 2台目

無料で利用できるのですが、約5分ほどの入力で最大16社の見積もりを一度に取ることができます。

 

また、あとは届いた見積もりの中から一番安いところを選ぶだけなので簡単です。

 

また、見積もりをしてもらった場合でも加入するしないは自由なので気軽に利用してみてくださいね。

一括見積りスタート

 

 

2台目の見積もりで使える割引

お得に加入できる割引としては複数所有新規(セカンドカー割引)があります。

 

これは、被保険者を含めた同居の親族の中にノンフリート等級11等級以上の契約があれば適用されるもので、通常は新規の場合6から始まる等級を7から始められるものです。

 

割引率も1割ほど違うので、かなりお得です。

 

代理店を通して契約する場合、担当者に申告しないといけませんので注意が必要です。

 

また、インターネットで契約する場合には入力する欄がありますので、そこにチェックをいれると適用されます。

 

先ほどご紹介した一括見積もりサービスでは、当初はその欄が用意されていません。

 

見積もりが届いたあとは各保険会社のウェブサイト上から補償内容の変更や複数台の車を持っているかなどの入力欄がありますので、そこにチェックを入れることで再度計算することができます。

ペアフリート割引が使える保険会社もある

もうひとつ使える割引としては「ペアフリート」と呼ばれるものがあります。

 

これはノンフリート多数割引と呼ばれるもので、同じ保険会社で複数台の契約をすることで割引が適用されます。

 

2台バラバラに保険を掛けるとなると別々の契約になるので、満期も年2回になってしまいますが、ペアフリートにすると1つの保険証券に2台の車が補償されている形になるので、満期更新の手続きが楽になり、管理もしやすくなります。

 

割引率は1~2%ですが、ペアフリートが適用される保険会社はそれほど多くはありません。

 

ちなみに3台以上になるとミニフリート・セミフリートという割引が使えるようになり、これだと殆どの保険会社で用意されています。

 

以上が2台目の自動車保険をお得に安い見積もりを取る方法になります。ランニングコストを少しでも抑えるために活用してみてくださいね。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru