自動車保険を新規で加入する場合や継続更新する場合には、概算見積もりを取って比較したいところです。

 

一番おすすめなのは『自動車保険の一括見積もりサービス』を利用することです。

一括見積りスタート

 

自動車保険の概算見積もり保険料は人によって大きく違う時代

「概算の金額が知りたい」とはいえ、現在の保険は「リスク細分型」と呼ばれるものになっています。

 

同じ車種に乗っている人であっても運転する人の条件などによって大きく保険料が変わってきます。

  • ノンフリート等級自動車保険 概算見積もり
  • 年齢条件
  • 運転する人の範囲(本人・夫婦・家族・誰でもなど)
  • 免許証の色(ゴールド・ブルー)
  • 年間走行距離
  • 使用の目的(レジャー・通勤通学・仕事)
  • 申し込み経路(ネット・電話・代理店)
  • 車両保険の有無
  • どんな特約を付けるか

など、その条件は多岐に渡ります。

 

また、保険会社ごとに元々の保険料設定が違っている上、割引率なども各社ごとに違います。

 

例えば、ゴールド免許割引などは10~17%と保険会社によって割引率が違うので、同じ優良運転者の場合でも、見積もりを取る保険会社によって保険料が7%も変わってきます。

 

つまりは、自分の保険料を知ろうと思うと実際に見積もりを取って比較するのが遠いようで実は近道なのです。

 

任意保険の概算見積もり保険料を知るためには「自動車保険の一括見積もりサービス」がおすすめです。

 

このサービスなら、約5分程度で必要事項を入力すると最大16社の見積もりを一度に取ることができます。

 

まずは、概算の保険料がメールで送られて来ますので、そのあとで補償内容を変更して、正確な金額を知ることもできます。

 

実際に契約する段階で「思っていたよりも高くなってしまった」とならないように事前に確認しておきたいものです。

 

見積もりをもらった場合でも、加入するしないは自由なので気軽に使ってみてくださいね。

一括見積りスタート

 

最安値の保険会社が毎年変わっているかも

近年は、保険会社の損害率が悪化しているため、毎年のようにどこかの保険会社で自動車保険の保険料改定があります。

 

そうすると、車種によってはその年ごとに最安値の保険会社が変わっているということもけっこう起こり得ます。

 

ここ数年は高くなり続けていた任意保険の保険料も2012年にノンフリート等級の改定があり、ようやく落ち着いてきました。

 

反対に、車の性能や安全装置、燃費などが向上したため、保険料が安くなる車種も出てきています。

 

毎年同じ保険会社というのは安心なのですが、こういった変化に敏感に対応することで得になることも多いので、自動車保険では概算見積もりよりも一括見積もりを活用して、できるだけ手間を掛けずに正しい見積金額を知っておくことをおすすめします。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru