自動車保険のメインとなる補償の一つに「対人賠償」があります。

「車の保険で一番大切な補償はなんですか?」と聞かれるとまずこれを挙げます。

ではいったいどんなものなのでしょうか?

 

自動車保険の対人賠償とは?

 

読んで字のごとく、人に対する賠償責任が発生した場合に補償されるものです。

もう少しわかりやすく説明します。

 

例えば、

 

  • 車の運転中に通行人に接触してケガを負わせてしまった
  • 車同士で衝突事故を起こしてしまい、相手の運転手にケガをさせてしまった
  • 友人を自分の車に乗せて運転中に事故に遭い、友人がケガをしてしまった

自動車保険 対人賠償

 

という、自分や家族以外の第三者を死傷させてしまった場合の治療費や休業補償、後遺障害、万一亡くなられた場合の補償などをしてくれるもの、これが対人賠償と呼ばれるものです。

亡くなられた場合や重度の後遺障害が残った場合の賠償責任は得てして高額になるケースが多いといわれます。

逸失利益と言って、その人が健康なままで働いていたら得たであろう収入や家族の生活費などの補てんが必要となるケースがあるからです。

 

同乗中の友人などの他人をが死傷させた場合も同様に、賠償義務が発生する場合があるので気を付けておきたいものです。

 

 

なぜ、対人賠償が最も大切なのか?

 

事故の際に、相手の車や所有物などいわゆる「物」なら、壊したとしてもある程度はお金で解決ができますよね。

しかし、ケガをさせて後遺症が残ってしまったり、亡くなってしまった場合には取り返しが付きません。

元に戻すことは不可能になってしまいます。

特に働き盛りの男の人で、妻と3人の子供がいる方だった場合、その補償額は個人のレベルで支払えるものではなくなります。そんなときには高額の賠償責任が発生するケースが出てきます。

他人に対する補償は手厚くした方がいいでしょう。

対人賠償補償は無制限がおすすめです

この補償に関しては金額の上限を設定せず補償金額は「無制限」にしておくことをおすすめします。

理由は前述の通りで、思いがけなく高額になるからです。

相手の年収や家族構成などによっては1億、2億ということも考えられます。

自分が重度の後遺障害で働けなくなった場合を想像すると、1000万円もらっても納得できないのではないでしょうか?

 

また、ケガをさせた相手が1人とは限りません。

対人賠償の掛け金自体はそれほど変わるものではないですし、ここは絶対に必要な補償なので無制限にしておきましょう。

 

また、保険に加入していれば示談交渉もしてもらえるので安心ですよね。

今は保険会社の担当者がこのあたりをやってくれるようになったのでいい時代だと思います。

 

以上が、自動車保険の対人賠償補償についてお話ししました。

 

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru