自動車保険の保険料払込方法にはいくつかあります。

中でもおすすめなのはクレジットカード払いで、その次が口座振替払いです。

理由は後ほどご説明しますが、「こんな支払い方があるのだなあ」と知っていただくことも重要ですのお伝えしたいと思います。

 

自動車保険の支払方法の種類

 

払込方法には以下のようなものがあります。自動車保険の支払い方法

  • 現金
  • コンビニ払い
  • 銀行振り込み
  • 口座振替
  • クレジットカード

主なものはこのあたりになります。

 

少し前までは現金で営業マンにお金を渡すか銀行へ振り込む方法が主流でしたが、現在ではキャッシュレス契約と呼ばれるお金を手元に準備しない方法がメインとなってきています。

現金を用意して支払う方法

現金

上記に挙げましたとおり、直接担当者へ保険料を現金で渡して領収書をもらう方法です。
補償は現金を支払った日以降です。

 

コンビニ払い

保険会社から送られてくる払込票を持ってコンビニのレジで支払う方法です。
補償の開始はコンビニで支払って保険会社に着金した日以降になります。

 

銀行振込み

銀行の窓口やATM、インターネットバンキング経由で保険会社指定の口座へ振り込む方法です。
振り込んで保険会社の口座へ着金した日以降になります。
土日祭日を挟んでしまうと着金が週明けなどになってしまいますので注意が必要です。

 

キャッシュレス契約

 

口座振替

銀行口座から決まった日時に自動的に引き落とされる方法です。
残高不足の場合には翌月再度引き去りがかかりますが、それも引き落としができなかった場合には失効してしまいます。

 

補償の開始は捺印またはサインをして申し込んだ日以降です。
保険料は後日引き落としなので、保険料を支払う前に補償が始まっていることになります。

ただし、口座振替が2回続けてできないと失効となります。

 

クレジットカード払い

クレジットカードで支払う方法です。
カード会社のポイントが貯まる他にも、口座振替不能などで失効するリスクを軽減することができるのでおすすめの支払い方法です。

補償の開始はカード決済をした日以降になります。

 

【関連記事】

自動車保険の保険料はクレジットカード払いがおすすめ

 

自分のニーズに合った方法がベスト

 

客観的に見るとクレジットカード払いや口座振替などのキャッシュレス契約がおすすめです。

しかしながら、営業マンと会って話をしてお金を渡したい場合や、振り込みたいケースもあると思います。

ですから、ご自身が一番気持ちの良い払込方法で契約すると良いでしょう。

今後は自動車保険の支払いシステムも多様化と簡素化が進むかもしれませんが、現行このような形になっています。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru