自動車保険に加入する目的とはどういったものでしょうか?

これは人によって様々だと思います。

  • 大切な車が壊れてしまった場合になおせるように
  • 車を運転して他人を死傷させてしまったら・・・
  • 自分のケガの補償
  • 相手の車の補償

など、ひとそれぞれに万一の事故の際を想定して加入していることと思います。

しかし、当サイトが自動車保険で最も大切だと考えているのが、対人賠償、対物賠償という他人の体や物に対する補償です。

ここがこの保険の肝だと考えていますし、もっとも大きなお金が必要となります。

 

自動車保険の対人賠償と対物賠償は無制限にしておきましょう

 

この二つの補償の中でも対人賠償の方が高額になるケースが高いと思います。

例えば、働き盛りの一家の大黒柱を死傷させてしまった場合、その賠償金額は高額になるケースがあります。

治療費などに加えて、休業補償もしてあげなければいけません。

それより大きくなるのが、相手が亡くなってしまったケースや重大な後遺障害が残ってしまった場合の補償です。

場合によっては1億円、2億円の高額な賠償金になるケースもあります。

たまに対人賠償や対物賠償に「1000万円限度」などの限度額を設定されている方がいます。

 

対人と対物、これは無制限にしておきましょう。

対物でも相手の車が高級車であった場合には数千万円の請求が来ることもあります。

また、運送トラックと衝突して、そのトラックが1台1億円もする精密機械を積んでいた場合には1000万円の補償では対応できず破綻してしまいます。

自動車保険の最大の加入目的は「人生が破綻するかもしれない大きな事故に補償してくれること」これに尽きると思います。

 

自分や同乗者を守るには人身傷害保険

また、同じような理由で必要となるのが人身傷害補償です。

これは車の運転者と同乗者が事故に遭って死傷した場合の補償です。

自分や家族または友人などがケガをしたケースで、治療費や休業補償などの実費を補償してくれます。

 

また、万一亡くなってしまった場合には逸失利益と言って、その人が健康で働いていたら稼げたであろう収入も補償の対象となります。

自分はともかく、友人や知人に大ケガをさせてしまった場合を想定して、人身傷害補償もしっかりと付けておくことをおすすめします。

繰り返しになりますが、自動車保険に加入する最大の目的は、人生が破綻するかもしれない大きな事故の際にしっかりと生活を守ってもらうことです。

その付随する補償として自分の車を補償する車両保険などですね。

根本的に何が必要かを知って上で自動車保険を考えていくと、加入に対する考え方が変わってきます。

「安ければいい」というのではなく、「しっかりと補償してもらえるのか?」ということを主眼において、自動車保険を選んでいきましょう。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru