任意保険の一括見積もりなどをする場合、必要になってくるのが自動車保険の加入内容です。

 

車の詳細情報を含めてすべて記載されているのが自動車保険の保険証券です。

 

発行してもらっているにも関わらず紛失してしまった場合には保険証券の再発行をしてもらえます。

 

保険証券を再発行してもらう方法

 

方法は簡単です。

自動車保険 証券再発行

保険会社または代理店に電話をして手続きしてもらうだけです。

 

しかし、証券が郵便事故や手違いで届いてない場合は書類は必要ありませんが、自分で紛失した場合には再発行の書類に捺印や署名が必要となります。

 

内容が知りたいだけであれば、代理店の控えなどを送ってもらうことが可能なので依頼してみても良いでしょう。

 

代理店へ言い難い場合には、保険会社へ直接電話して再発行してもらいましょう。

 

また、最近では「証券不発行割引」を利用しているため証券が手元にない場合もあります。

 

そんなときには、自動車保険会社のインターネット上にあるマイページから印刷することができるので、そちらを確認すれば良いでしょう。

 

一括見積もりなどを取る際には、紙ベースの資料が間違えにくいのでおすすめです。

 

自動車保険証券は一括見積もりの際に必須

 

安い保険会社を探すためにインターネットなどで一括見積もりを取ることが多いと思いますが、その際に必要となるのが現在の契約内容です。

 

自動車保険の見積もりに必要な情報」で詳しくお話していますが、比較見積もりをしてもらうのに必要な情報と項目はけっこう多いです。

 

現在の任意保険はリスク細分型なので、細かい内容が必要なんですね。

 

簡単に挙げてみますと

 

【車両について】

  • 型式
  • 車体番号
  • 登録ナンバー
  • 初度登録年月
  • 安全装置や盗難防止装置などの有無

 

【契約者・被保険者について】

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 最若年運転者年齢
  • 免許証の色(ブルー・ゴールド)
  • 免許証の有効期限
  • 運転者の範囲(家族限定など)
  • 使用用途(レジャー使用・業務使用など)
  • 年間走行距離

などが必要で、あとは現在の補償内容も伝えないといけません。

 

とても覚えていられません。

 

こういった情報を正確に伝えずに間違った内容で契約をしてしまうと、事故の際に対応してもらえない可能性があります。

 

仮に車台番号の一桁の数字が間違っていただけでも、修正するまでは対応してもらえないケースがあります。

 

事故の時は迅速な対応が必要になるので、こういった点も事故解決のスピードに影響します。

 

保険証券や正確な補償内容の書いたものを元に入力しましょう。なければ再発行ですね。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru