最近は保険業界もペーパーレス化が進んできていて、その一環で自動車保険にも証券不発行割引というものも出てきました。

 

従来の紙の証券を発行する費用や発送する送料などがかからないので割引しようというものです。

 

これはとても合理的な感じがしますね。

 

自動車保険の証券不発行割引とは

 

既にお話したとおり、紙の証券を発行しないでその代わりに保険料を下げるというものです。

 

保険会社によって「e割」や「eサービス」、「e証券割引」など呼ばれていますが、内容は同じものです。

 

自動車保険 証券不発行割引

証券は発行されませんが、インターネット上で証券を確認できるものです。

 

保険会社によって対応はまちまちですが、

  • ハガキまたはEメールでURLが送られてくる
  • マイページにアクセスして補償内容を確認
  • 必要があれば画面印刷

このような流れになります。

 

メールでも十分わかりますが、紙ベースで残しておきたい人にはハガキで送ってきてくれる保険会社を選びましょう。

 

証券不発行割引を適用している保険会社は、どの保険会社も500円の割引が適用されています。

 

証券不発行はどこの保険会社でもやっていますが、割引が適用されるのはインターネット通販型自動車保険会社になります。

 

代理店を通じて販売している保険会社はこの割引がないところがほとんどです。

 

また、補償内容や限定条件の変更、車両入れ替えなどの変更があった場合も同様で、ハガキやEメールでの対応になります。

 

インターネット上で確認できますが印刷しておきましょう

 

ウェブ上で確認できるからと言っても、必ず一度は印刷して車の中に置いておくことをおすすめします。

 

万一の事故の場合や、故障でロードサービスを呼ぶ場合などは保険会社のフリーダイヤルに電話します。

 

証券番号等の情報を保険会社に伝えないといけません。

 

その際にあたふたしない様に手元に紙ベースの情報があったほうが良いと思います。

 

また、フリーダイヤルの番号もそこに記載されているはずですので、その一枚があれば事足ります。

 

携帯電話やスマホのお気に入りに入れておいてもいいですが、たまたま携帯電話を持たずに出かけていた時に事故にあった場合なども考えられます。

 

常に車に置いておける媒体として印刷しておきましょう。

 

私も以前は証券発行は必須と思ってました

 

私も最近まで「自動車保険で証券発行は絶対にしないといけない」と思っていました。

 

万一事故の時、保険会社に連絡する際に絶対に必要となるからです。

 

しかし、証券と同じような形で画面印刷ができるということを知り、自動車保険でも証券不発行でも問題ないなと思うようになりました。

 

ただ、繰り返しになりますが、絶対に印刷しておきましょうね。

 

結論としては、自動車保険の証券不発行割引は活用しましょうということになります。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru