自動車保険には他車運転特約というものがあります。

ほとんどの場合、これは自動付帯になっていますが、良い特約なので付いているかどうか念のため確認しておきましょう。

他車運転特約とはどんなものか?

 

これは自分が自動車保険以外の車を臨時で運転する場合、万一事故を起こしたときに、自分が加入している保険から補償されるものです。

例えば、友人の車を借りて事故を起こしたとして、友人も自動車保険に加入していると思います。他車運転特約本来であれば、友人の保険を使わせてもらうことになるのですが、そうすると等級が下がってしまいます。

これは友人にも申し訳ないですよね。

そんな時に、自分の保険から保険金を支払ってもらえるのがこの特約です。

あまり知られていないのですが、この特約は人間関係にも影響するところなのでとてもありがたいと思います。

自分で起こした事故で自分の保険を使うことは当然なので、等級ダウンは免れないにしても心情としてはこちらのほうが楽ですよね。

 

他車運転特約はどんな補償内容になるの?

 

これは自分が加入している自動車保険の補償内容と同じになります。

例えば、対人・対物賠償が無制限、人身傷害3000万円という保険に加入していれば、他人の車であっても、それと同じ補償をしてもらえます。

他人の保険を使うとなったとき、必要な補償が付いていない可能性もあるので、自分のものを使えるというのはメリットですよね。

 

他車運転特約と車両保険

 

この特約のことを考えると、「車両保険」が付いているとなお安心です。

例を挙げてご説明します。

 

友人の車を借りて運転中に事故に遭いました。

過失割合がお互い50%の事故でした。

友人から借りた車の修理代が50万円だった場合、相手の対物賠償保険から支払われる金額は修理代50万円の50%で25万円です。

残りの25万円は自腹になってしまいます。

この25万円を友人が出すのか、自分が出すのかは別にして負担は大きくなります。
こういったケースで、自分の車に車両保険を付けていると残りの25万円も自分の車の補償から支払ってもらうことができるのです。

繰り返しになりますが、他車運転特約は自分の保険契約の補償内容が適用されますので、他人の車を運転することがありそうな人は、車両保険なども充実させておくと良いでしょう。

臨時運転するときのみ有効です

 

この特約の注意点としては、あくまでも臨時運転をしている場合にのみ有効だということです。

常日頃から友人の車を借りて運転している場合などは適用されませんので注意が必要です。

 

「ばれなければいい」と思うかもしれませんが、大きな事故の際には調査が入ったりすることもあります。

自動車保険には正しい形で加入することをおすすめします。
以上が詳細となります。他車運転特約は非常にありがたい特約ですね。こういったことも含めて補償を選んでいきましょう。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru