富裕層の人で自動車保険に加入していない人がたまにいます。

保険の仕事をはじめた頃は信じられなかったのですが、実際にそういう話を聞きました。

その人はお金は十分に持っているから、特に自動車保険に加入する必要性を感じていないということでした。

 

確かにそうかもしれません。

キャッシュで10億円ほどあれば、人身事故を起こしたとしても対応できるでしょう。

示談交渉が必要ですが、それも弁護士に依頼して示談の手続きを間に入ってやってもらえれば大丈夫ですよね。

お金さえあれば、やはり保険は必要ないという結論に突き当たります。

 

それは間違った考えではないし、私なんかが考えも及ばいなようなお金持ちからすると保険なんて馬鹿らしいなと思うでしょう。

自動車保険 富裕層

でも、私はお金があっても自動車保険には入っておくほうがいいと思います。

理由としては

  • 費用対効果
  • 素早い自己解決

この2点を考えると保険は必要です。

 

費用対効果

 

何もなければお金は掛け捨てになってしまうのが損害保険の特徴です。

一部例外はありますが、自動車保険もこの形ですね。

 

でも、万一人身事故で相手に重度の後遺障害を残してしまったケースでは1億円を超える損害賠償金が発生する可能性があります。

これはあくまでもケガをした人が1人だった場合で、3人いたとすれば3億円を超えてしまいます。

 

しかし、対人対物賠償を無制限補償にしておけば年間10万円以下の保険料(車種や条件によります)でこういった高額賠償にも対応してもらえます。

この費用対効果を考えると、保険に入っておかないと損当考え方も一方でできるわけです。

 

素早い事故解決

 

事故を起こした相手と揉めないために必要となってくるのが、素早い対応です。

自分で相手と交渉するとなると勝手がわからず、対応が遅くなってしまいます。

その間に相手は感情的になってしまい、円満解決が難しくなっていくのです。

 

自動車保険で相手と示談交渉してくれる事故の担当者は、示談交渉のプロです。

相手への配慮をしながら、できるだけ円満解決のために動いてくれるます。

 

裁判になった場合には、時間もお金もかなりかかってしまうので、日常生活にも支障がでてしまいます。

気持ちも落ち着きませんよね。

 

まずは、事故を起こさないように最大限努力することが必要で、これは運転者の義務です。

それでもことが起こった場合にはプロに任せた方がいいです。

 

結論としてはお金があっても自動車保険には入っておいたほうがいいということです。

 

 

 

 

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru