自動車保険を掛けるにあたって『車両保険が本当に必要なのだろうか?』ということは迷うところです。

これは『そうです』とも『いりませよ』ともどちらとも言えます。

それは個々の置かれている状況や考え方によってさまざまだからです。

 

車両保険が必要となる条件

車両保険 必要

車両に補償を付けておく方が良い状況としては

  • 新車を買って5年未満くらい
  • 車の現在価値(時価)が100万円を超える
  • 保険料(掛け金)負担に余裕がある
  • 万一の事故の際、修理代などにお金を一切支払いたくない

これらの場合には付けておいた方が良いと思います。

特に価格の高い高額の車や新車からまだ年数が浅いものなどは、全損になっても高い保険金を受け取ることができるので、付帯しておきましょう。

 

当然、車両保険は補償される金額が大きいほど保険料は高くなります。

しかし、例え30万円の補償であっても「車両本体に保険を掛ける」ということ自体で保険料が一気に上がります。

車種にもよりますが保険金額が30万円と50万円でもそれほど掛け金自体に差は大きくありません。

ということは、少額で車両保険を掛けると保険料が高くなるけれど、補償金額はそれほど高くない状況になります。

 

新車や高級車の場合は車価が高いので付けておくとお得ということになります。

 

ただし、車同士の事故では、どちらかが一方的に悪い事故ではない限り『過失割合(責任割合)』というものが発生します。

例えば、自分も相手も50%ずつ過失がある事故の場合。
自分の車の修理代が50万円だったとすると、50万円の50%である25万円は相手から弁償しもらえます。

 

しかし、残りの25万円は自分で支払わなければなりません。

このときに自分の過失分を補償してくれるのが「車両保険」なのです。

 

車両保険が必要かどうは考え方次第

 

ですから、万一の事故の際に自分は一切支出をすることをしたくないというのであれば「必要」でしょう。

それよりも、起こるか起こらないかわからない事故のために余分な保険料を支払いたくないのであれば「必要ない」ということになるでしょう。

これは事故のケースや状況などによっても違いますから、ご自身の価値観で付けるか付けないかを判断すると良いでしょう。

細かい事故例や支払の経験などを保険代理店や保険会社の担当者に聞いてみるとわかりやすいと思います。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru