70歳の自動車保険相場って、一体いくらなの……?

巷では、60歳以上の方の自動車事故が目立っています。

「ブレーキとアクセスを踏み間違えた」
「高速道路の入り口と出口を間違えた」

など、これらの事故を引き起こす年齢層が多いのが、60歳以上です。

 

また70歳以上の方は、どうしても反射神経が悪くなり、判断力が低下する傾向があり、人によっては運転免許を返納した……という方もいらっしゃいます。

 

【関連記事】

高齢者の自動車保険はなぜ高い?

 

それでは、そんな70歳の方の自動車保険って、どのようになっているのでしょうか?

70歳代の自動車保険相場……5~7万円(車両保険アリ)

生命保険は、保険会社によっては70歳以上の方は、加入できない、ということもありますが、自動車保険に関しては、70歳以上でも加入が可能です。

 

そして、気になる自動車保険金額ですが、若い時から長~く車に乗り続けており、等級も高い方の場合は、他の年代の方と価格がほとんど変わらない……ということも少なくありません。

 

40代以上で等級が最大20等級であれば、車両保険も含めて5~7万円程度だと考えて、まず間違いありません。

 

それでは何らかの要因で、新規に自動車保険に加入することになった場合は、どれくらいの金額になるのでしょうか?
70歳代の方が、新規に自動車保険に加入する場合は自動車保険料が10~20万円ほどかかると、考えてください。

 

ちなみに、同じ条件であっても年齢によって自動車保険の価格が変わるのは、「記名被保険者の年齢区分」で保険料が変わるからです。
20歳以降は、どんどんと保険料が安いくなりますが、40歳を超えると保険料がほとんど変わらなくなり、その後は逆に上がって行きます。

 

やはり自動車保険を売る側も、年齢と共に事故が起きるリスクは考えており、なるべく保険会社側の損を減らすために、「記名被保険者の年齢区分」というシステムが採用されているのです。

70際の方でも大丈夫!「記名被保険者」を変えれば保険料が安くなる!

70歳の方で、これから自動車保険に加入される……という方は、珍しいかも知れませんが、仮にそういった方がいる場合は、自分の名義で自動車保険に加入するのではなく、被保険者の名義を自分より若い血縁者に変えることで、自動車保険料を安くすることが可能です。

 

また、加入する際の条件を減らすことでも、自動車保険の価格を下げることが出来ますが、“万が一”のことを考えるなら、安易に特約や加入条件を減らすことは、オススメしません。

 

ただし、ペーパードライバーで、あまり車を運転しない方は、加入条件を最低限のものに変えても良いかも知れませんよ!

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru