20歳、25歳または29歳の人が自動車保険の契約をする際には注意が必要です。

 

それは年齢条件が変わる一年前だからです。

 

20歳、25歳、29歳の自動車保険は年齢条件に気をつけましょう

 

自動車保険では年齢条件が設定されていて、21歳、26歳、30歳と運転者の年齢条件を付けることで、保険料が安くなってきます。

 

【関連記事】

年齢条件を付けることで大幅に安くなる

 

これは、車を運転する最若年者が満年齢で到達していれば適用されます。

 

例えば、家族しか乗らない車で、全員が26歳以上であれば、26歳以上限定で保険を付けておくと保険料は安くなります。

 

20歳、25歳、29歳 自動車保険

注意したいのは、最若年の人が満年齢で20歳、25歳、29歳などで自動車保険に契約するか、更新をするタイミングです。

 

得できるかできないかの分かれ目になります。

 

保険期間中に年齢条件を変更できる

 

例えば、自動車保険の更新時期に最若年者が25歳だったとします。

 

その半年後には26歳になるとしても、21歳以上限定で契約して置かなければなりません。

 

26歳以上限定で契約してしまうと25歳の人は半年間補償されないことになってしまい大変なことになります。

 

21歳以上と26歳以上とでは保険料は大きく異なりますのでもったいない気はしますが、そういうルールなので仕方ありません。

 

しかし、保険期間中であっても年齢条件の変更は可能なのです。

 

【関連記事】

限定条件は保険期間中でも変更可能です

 

例えば、契約から半年後に25歳の人が保険期間中に26歳になったとすると、26歳以上限定に変更することが可能です。

 

そうすることで、残りの半年間は安い保険料になります。

 

年間の掛け金を一括で支払っていた場合には差額を返してもらえます。

 

月払いの場合は保険会社によって異なりますが、毎月の掛金が安くなるか、掛け金はそのままで差額を先行して返してもらえるかになります。

 

いずれにしても、安くなって嬉しいですよね。

 

こういったことを知っているのと知らないのとでは大きな違いになります。

 

保険会社や代理店が積極的に「変更できますよ」と案内してくれればいいのですが、そういうわけではなく多くの場合はこちらからお願いすることになります。

 

親切な代理店などは積極的に案内してくれます。

 

通常は満期のタイミングで変更するのが一般的なのですが、こういった方法も知っておくと何万円も得をする結果となりますので、知っておきましょう。

 

20歳、25歳、29歳の自動車保険を契約する際には知っておきたい情報をお伝えしました。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru