自動車保険での「免ゼロ特約」についてご紹介します。

保険会社によっては呼び方が違い「車対車免ゼロ特約」と呼ばれているところもあります。

 

車両保険の免責金額(自己負担額)とは

 

自分の車の補償「車両保険」は、免責金額(自己負担額)を設定することができます。

例えば、これを10万円に設定しておくと、事故の際に10万円を超えたところから支払われます。

事故で修理代が50万円かかった場合だと、

 

50万円 ー 10万円 = 40万円の支払い

 

ということになります。

 

通常は保険期間中で1回目の事故は5万円、2回目以降の事故は10万円などで設定をしていきます。

もちろん、これを0円にすることも可能です。

車両保険の(車対車)免ゼロ特約とは

 

これはノンフリート等級7等級以上の車両保険を付けた契約に付けることができるものです。

1~6等級の契約には付帯できません。

事故が少ない人向けに作られた特約ですね。車対車免ゼロ特約

 

免責金額(自己負担額)を設定していた場合、車対車の事故で相手が特定できる場合、1回目の事故に限り自己負担なしで保険金が支払われる特約です。

2回目以降の事故では対象となりません。

 

自動車同士で相手が特定できることが前提となりますので、自損事故や自然災害、盗難などは対象となりません。

 

過失割合にもよりますが、保険会社としては相手がわかれば相手から対物賠償金を取れるかもしれません。

 

お金を相手からもらえるかもしれないので、契約者へは負担なしで支払っても大丈夫ということです。

 

保険料もそれほど変わらないのであれば付けておきたい特約です。

 

以上が、車両保険の(車対車)免ゼロ特約のご説明です。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru