はじめて自動車保険に加入する際にはどのような流れでどのような手続きになるかわかりにくいものです。

 

ここでははじめて車を所有して契約する方のために、加入までの流れをご紹介したいと思います。

 

はじめての自動車保険加入までの流れ

 

これまでは車を所有していなくて、これから購入する人は新規で加入することになります。

 

既に契約をしているわけではないので見直しではありません。

 

流れとしては

 

自動車保険加入 流れ

  1. 車を購入する
  2. 車検証を元に見積もり依頼をする
  3. 保険会社を比較する
  4. 契約する

 

このようになります。

 

自動車保険にはノンフリート等級というものがあり、この等級が高い方が割引率が高く保険料も安くなります。

 

【参考記事】

自動車保険のノンフリート割引等級制度とはどのようなものか?

 

最初は6等級から始まりますが、「自動車保険を新車に掛ける場合に気をつけたいこと」でお伝えしている通り、ある条件を満たせば7等級やもっと上のの等級から始めることができます。

 

車検証を元に見積もり依頼をする

 

まず最初に、見積もりを依頼することになります。

 

代理店を通して見積り依頼をする場合には車検証の控えを渡すかFAXするかで車の情報を伝えます。

 

その後で、

  • 誰がその車に乗るか
  • 使用目的
  • 免許証などの情報

を伝えて見積もりをしてもらいます。

 

親切な代理店の場合だと直接ディーラーや販売店へ電話を掛けてくれて詳細を聞いてくれるので便利で漏れがありません。

 

また、インターネットでも一括見積もりで複数社の見積もりを取ることができます。

 

この方法は、保険の内容や値頃感を掴むのに最適なのでおすすめしています。

 

ただし、車や運転者の情報を間違えないように気をつけて

 

何社かの保険会社を比較検討する

 

一括見積もりの場合はいくつかの保険会社に絞って、比較するようにしましょう。

 

同じ条件で試算をしてみても、保険会社ごとに補償内容や保険料が違ってきます。

 

同じ通販系の保険会社にしても内容や保険料が違います。

 

保険料の差が一社だけ飛び抜けて安い場合などは要注意をしてください。

 

他社に付いている補償や条件が、その保険会社だけは付いてない可能性があります。

 

疑問に思った点があれば、その保険会社へ電話して聞いてみましょう。

 

また、会社によっては戦略的に事故率が低い車の保険料を下げているケースもありますので、安いからといって悪い保険というわけではありません。

 

もし内容を見ていて補償を付けたり外したりしたいときには、変更してもらいましょう。

 

通販型であれば、保険会社のマイページなどから再見積もりが可能です。

 

初めてなので、いろいろと試算をいじってみましょう。

 

自動車保険に加入する

 

比較と修正が終わり、いよいよ加入です。

 

ダイレクト通販型の場合には、マイページの見積もりページからそのまま申し込み画面へ進むことができます。

 

慎重に確認しながら入力していきます。

 

支払い方法としては、クレジットカード払いが手続きも簡単ですし、カードのポイントが貯まるのでおすすめです。

 

代理店で契約をする際には、担当者に来てもらって説明を受けて捺印または署名をしましょう。

 

この場合にもできればクレジットカード払いができるののならしてもらいましょう

 

【参考記事】

自動車保険の保険料はクレジットカード払いがおすすめ

 

以上が、初めて自動車保険に加入する際の手続きの流れです。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru