通常、自動車保険では自宅や車庫を車で破損したときには補償されません。

 

それは自分の物への損害になるので「対物賠償」では対応できないからです。

 

しかし、「自宅・車庫等損害補償特約」を付けることで対象とすることが可能です。

 

自宅・車庫等損害補償特約とは

 

これは車を運転している最中に、自分の家や車庫を破損した場合に補償できる特約です。

 

冒頭でもお話しましたが、自分で自分に弁償というのはあり得ないので対物賠償補償からは外れてしまいます。

 

自宅・車庫等修理費用特約

特に車庫が狭い場合などには付けておきたい特約です。

 

保険会社によって付帯できるところとできないところあります。

 

もし、「いつかぶつけてしまうかもしれない」と心配な場合には付けておくことをおすすめします。

 

保険会社によりますが、付けておいてもさほど保険料は上がりません。

 

取り扱いはAIUやSBI損保、富士火災といった保険会社が取り扱っていますが、それほど多くはありません。

 

ダイレクト系損保ではSBI損保のみですね。

 

やはり、自宅の車庫などへの衝突はけっこう事故として多いので引き受ける保険会社が限られてしまうのかもしれませんね。

 

また、補償金額は20万円~50万円と会社によってバラつきがあります。

 

火災保険では対象にならない?!

 

自宅やカーポートなどへの損害に関して、通常は火災保険に「物体の落下・外からの飛び込み」と言われる特約を付けておけば、車で壁を壊された場合にも補償されます。

 

しかし、火災保険では自分や家族が運転する車などは免責となっている保険会社もあります。

 

これは重要事項説明でも必ず記載されています。

 

対象とならない場合は、モラル的な問題で、意図的にぶつける人がいるからかもしれませんね。

 

こういった事故を補償しようとすると、この特約をつけておくしか方法がないと思います。

 

ちなみに、友人が家に遊びに来た時にぶつけた場合には、相手の自動車保険の対物賠償で対象となります。

 

また、他人にぶつけられた場合には火災保険でも対象となります。

 

友人へ請求しにくいケースには自分の火災保険を使ってもいいですよね。

 

まずは一括見積で試算してみましょう

 

繰り返しになりますが、この特約をつけても保険料はさほど上がりません。

 

数百円~1000円くらいまででしょう。

 

「高くなるのかどうかな?」と思ったら、まずは一括見積もりを利用して保険料試算をしてみましょう。

 

これを付けたところで、それほど変わらないことがわかると思います。

 

自動車保険の自宅・車庫等修理費用特約は私も付けているのですが、あると安心なのでおすすめします。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru