「一般型」と「エコノミー型」の自動車保険は、こんなに違う!

車両保険の一般とエコノミーの違いとはどのようなものなのでしょうか?

【何が違うの?】 自動車保険の「一般型」と「エコノミー型」の違いって?

自動車保険には、さまざまな種類がありますがその中でも「一般型」「エコノミー型」の2種類があるって、アナタはご存知でしたか?

 

「えっ、自動車保険って、どれも同じじゃないの?」と思ったアナタ、もしかするとアナタの保険選び、失敗しているかも知れませんよ~?

「一般型」と「エコノミー型」の自動車保険は、こんなに違う!

保証内容 一般型 エコノミー型
保険料 高い 安い
単独事故
当て逃げ事故
転覆・墜落
自動車の火災・爆発
落書き・イタズラ
飛来物の落下などの破損
自然災害時の破損
盗難による破損
他の車との接触事故

自動車保険の一般型は、ほとんどすべてのトラブルに対して、しっかりと補償をしてくれますが、エコノミー型は一般型よりも補償範囲が狭いという特徴があります。

 

もちろん、補償範囲が少ない分、エコノミー型の方が料金は安いのですが、万が一のトラブルがあった場合、エコノミー型の方がリスキーと言えば、リスキー……。

 

結局のところおサイフとの相談ですが、心配性な方は一般型よりもエコノミー型の自動車保険に加入をしていた方が、“安心”は買うことができますよ!

値段を取るか、それとも安全を取るか……

自動車保険の一般型とエコノミー型は、どちらも良い面と悪い面があります。

 

一般型であれば補償が広いので、お金をかけた分だけトラブル時に帰ってきますし、エコノミー型と違って事故が起きた際に、相手が過失を認めなかった場合でも、きちんと保険がおります。

 

この部分は2つの大きな違いと言えるでしょう。
また一般型の場合は、自分でぶつけた「自損事故」であっても、保険がきちんと降りるので、心配性な人は断然一般型を選ぶべき!

 

ただ一般型とエコノミー型を比べると殆どの保険で2万円ほど差があるため、金銭面で見るとエコノミーの方がオトクに見えてしまうことがあります。

 

確かにお金の面だけで考えれば、エコノミーの方がオトクですが、“万が一”の際に、備えられない可能性もある!

 

エコノミー型を選ぼうと考えている方は、事前にどこまで補償されて、どこまで補償されないのか、ぐらいは知っておいた方が良いかも知れませんよ~?

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru