「生命保険に入っているので自動車保険の補償を削っても大丈夫ですか?」という質問をいただくことがあります。

 

結論から言うと、任意保険の補償内容は替えないほうがいいでしょう。

 

生命保険と自動車保険との補償内容の違い

 

両者を比較するとなると、自動車保険では人身傷害保険や搭乗者傷害保険になります。

 

生命保険との違いを確認してみましょう。

 

生命保険の場合

自動車保険 生命保険

生命保険の特徴を挙げてみます。

  • ケガでも病気でも対象
  • 対象者は被保険者一人だけ
  • 死亡保障、入院、通院(入院後)、手術保険機など定額支払
  • 後遺障害の補償がない

といった内容です。

 

基本的に定額補償なので、1日入院したらいくら、死亡でいくらという具合に、金額が決まっています。

 

実際に掛った治療費をまかなえるケースもあれば、全然足りないケースもあり、実態に合っていません。

 

他には生命保険の入院・通院保障は基本的に入院しないと支払われないので、単にケガで通院した際には補償されません。

 

ケガでも病気でも支払われる点では範囲が広いといえますが、交通事故の場合は通院だけで治療することが多いので使えないケースもあります。

 

自動車保険のケガの補償

次に、自動車保険の補償内容としては

  • 搭乗者全員が対象
  • 後遺障害の補償がある
  • 治療費・休業補償・逸失利益などの実費が支払われる(人身傷害)
  • 通院だけでも支払われる
  • 病気や車以外のケガは対象外

などです。

 

搭乗者全員が対象となったり、通院だけでも支払われるというのは交通事故での必要なケガの治療の実態に合っていると思います。

 

人身傷害では治療費だけではなく、休業補償や逸失利益なども補償されます。

 

それともう一つ大きな違いとしては「後遺障害」の補償です。

 

生命保険では「高度障害」と呼ばれる補償が付いていますが、両眼失明や介護状態など、かなり重大な状態にならないと支払われません。

 

「後遺障害」の場合には程度に応じて保険金が支払われます。

 

腕を骨折したために曲げられる範囲が狭くなったり、足の指だけを切断した場合なども対象となります。

 

こういった点がケガの保険と生命保険との大きな違いです。

 

人身傷害や搭乗者傷害保険は付けておきましょう

 

冒頭にも申し上げた様に、生命保険に加入しているからといって、自動車保険のケガの補償を下げるというのは良くありません。

 

そもそもの目的が違いますから、自動車保険の補償もしっかりと付けておきましょう。

 

これはどちらが良くてどちらが劣っているという意味ではなくて、それぞれの目的が違うのです。

 

交通事故ではケガの治療に当たったり、治療費以外の損害についての補償も必要です。

 

自動車保険も生命保険も必要な保険に違いはありませんね。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru