自動車保険を相場よりも安く契約する方法があるのかというと、「あるといえばあるし、ないといえばない」自動車保険 相場と言わざるを得ません。

 

自動車保険にとって大切なことは、自分にとって必要な補償を選ぶことです。
ここを第一に考えることが必要なんですね。

 

保険営業の経験上、ここを疎かにすると万一事故が起こった際に補償できないことになりますので、しっかりと押さえておきましょう。

 

そこをクリアした上で、安い保険料で契約することで相場よりも安く加入することができます。

 

自動車保険の相場とは

 

保険料は車の車種や年式等によって違います。

 

また、割引等級が1~20等級あり割引率は大きく違います。

 

車両保険を付けたり、ゴールド免許などの割引、年齢条件や家族限定などの運転者の限定条件を付けることでも変わります。

 

つまり、条件によってそれぞれ異なるのが現状です。

 

例えば、軽自動車でも年間保険料が10数万円から2万円台まで様々です。

 

 

相場よりも安い自動車保険で契約する方法

 

自動車保険を保険料相場より安く契約するためには、

 

  1. 必要な補償に絞ること
  2. 割引制度が充実している
  3. 付けられる限定条件を付ける
  4. 保険料率が安いこと

 

上記が重要になります。

 

当たり前といえば当たり前ですね。

 

割引制度はインターネット通販が特に充実しています。

 

早期割引やインターネット割引など、運転者のリスクとは関係ないところで安くしてくれるのでお勧めです。

 

例えば、インターネット割引では、2014年12月現在ですが、

 

  • アクサダイレクト 10,000円
  • ソニー損保 8,000円
  • SBI損保 6,000円
  • 三井ダイレクト 最大10,000円
  • イーデザイン損保 10,000円
  • セゾン自動車火災保険 10,000円

 

と、一般の損害保険会社に比べてかなり割安になります。

 

こういったことを活用することで相場よりも安く自動車保険に加入することができるのです。

 

これは一括見積を活用するとわかりやすいと思います。

 

 

 それでも必要な補償は必ず確保する

 

安いだけで契約をしてしまうことは少し短絡的過ぎます。

 

インターネット通販では補償を選ぶのが自由ですが、裏を返せば必要な補償が抜けていても文句は言えません。

 

保険代理店で契約することには「相談できる」というメリットもあります。

 

他に使える割引がないかとか、適用できる限定条件がないかというのはプロに聞くことが一番です。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru