自動車保険に入りづらい”旧車”でも、コツさえつかめば保険に加入できる!

走る骨董品――そんな不名誉な呼び名すらついてしまうこともある古~い車は“旧車”と呼ばれて、一部のファンに愛されています。

 

どんな車に乗ろうが、その人の好みですが旧車には、ある問題がついて回ります。
それが「保険に入りづらい」という部分です。

 

走行距離も長く、整備も大変で、流通しているパーツも少ない、そんな旧車は保険会社からすれば、壊れて事故をするのが目に見えているので、あまり保険に入ってもらいたくないものです。

 

 

それでは、そんな保険に入りづらい旧車が自動車保険に加入するためには、どうすれば良いのでしょうか?

[旧車に自動車保険をかけるコツ①]複数の保険会社に見積もりを出す

すべての保険会社が、旧車を目の敵にしているワケではありません。
保険会社によっては「旧車でもOK!」という会社もないわけではありません。

 

1つの会社にだけ相談して、断られてしまったと言っても、気にせず複数の保険会社に見積もりを出すようにしましょう。

[旧車に自動車保険をかけるコツ②]クラシックカー保険に加入する

世の中にはいろいろな保険がありますが、まさに旧車ファンのための保険も存在しています!

 

それが「クラシックカー保険」です。
すべての保険会社が導入しているワケではありませんが、このクラシックカー保険を使えば、保険料こそ一般的な車両に比べれば割高ではありますが、対人・対物、人身傷害といった基本的な自動車保険に加入することができます。

 

ただし、クラシックカー保険には「1975年式以前の車限定」「年間走行距離2000㎞以下」など厳しい条件が設けられている場合がほとんどなので、ご注意ください。

[旧車に自動車保険をかけるコツ③]ゴールド免許を維持する

保険会社が注目するポイントの1つに「免許の色」があります。
当たり前ですが、普通のブルーよりは、ゴールド免許の方が心象が良いに決まっています!

 

旧車であっても、自動車保険に加入するために、常に無事故無違反の安全ドライブを目指しましょう。

旧車だからって諦めないで!

旧車は、他の車に比べれば自動車保険に加入し辛いのは事実ですが、絶対に自動車保険に加入できないワケではありません。

 

自動車保険は、万が一の備え。
たとえ、旧車であろうとも事故にあわない保証はどこにもありません。
そのことを肝に命じて、旧車でも加入出来る自動車保険をしっかりと探してくださいね!

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru