車の事故や故障で自走できなくなってしまった場合、自宅のすぐ近くであれば歩いてもしくは最寄りの交通機関を使って帰宅することはできます。

 

しかし、遠方へ出かけた場合はそういうわけには行きません。

 

故障した車にずっと付き添っておく訳にはいかないし、かと言って遠方であればそれなりの交通費かかります。

宿泊費用

また、夜間の事故や故障だった場合には一泊しないといけないことだってありえます。

 

そんな時に助かるのが自動車保険の宿泊費用・帰宅費用のロードサービスです。

 

宿泊費・帰宅費のロードサービスとは

 

既にお話したとおり、遠方に行った際にはとても助かるサービスです。

 

宿泊費用サポート

 

万一、事故が故障で自疎雨できなくなった場合で、その日のうちに帰宅することが困難な状況で宿泊が必要となった場合に受けられるサービスです。

 

  • 当日1日分の宿泊費(ビジネスホテルクラス)・・・1万円限度~上限なし/1名
  • 限度人数・・・車検証記載の定員を限度
  • 食事代等の費用・・・対象外

大きくは上記の内容になります。

 

費用はビジネスホテルクラスが基本となりますので、1万円~1.5万円限度というのがスタンダードなようです。

 

おそらくこれくらいで収まると思います。

 

ただし、ソニー損保は上限がありませんので安心できます。

 

また、宿泊が必要となるのは車に乗っていた人だけなので、車に乗れる定員が人数の限度というのもうなずけます。

 

その他の食事代などは車の自走できるできないに関わらず取るものなので、対象とはなりません。

 

帰宅費用サポート

 

車が事故や故障で動かなくなってしまい、自宅まで帰る費用を補償してもらえます。

 

  • 現場から自宅まで帰る交通費
  • 交通費限度額・・・2万円/一人あたり限度が相場

自宅までの交通費は電車、バス、飛行機、船舶、タクシーなどの公共交通機関の料金が対象となります。

 

限度額は各社だいたい2万円限度ですが、ソニー損保は上限がありません。

 

例えば、大阪の人が東京まで車で行って帰り道で事故にあった場合、新幹線などを乗り継いで帰るとなると、ひょっとすると2万円を超えるかもしれません。

 

限度額がないというのは安心です。

 

費用は一旦建て替えが必要

 

三井ダイレクトなどはペットの宿泊の補償までしてくれるようなので、良いサービスです。

 

特にペットを連れて入れないホテルがほとんどなので助かりますよね。

 

また、上記でご紹介した宿泊費用や交通費などは、一旦自分で支払う必要があります。

 

領収書をもらっておてい後から返してもらう流れになります。

 

現金をあまり持ち合わせていなければホテルや新幹線代などクレジットカードで支払うことも可能だと思いますので、ロードサービスを利用した時に確認してみましょう。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru