自動車の任意保険には「ノーカウント事故」と呼ばれるものがあります。

 

通常の自動車保険では、事故があって保険を使うとノンフリート等級が3等級下がります。

 

しかし、等級はそのままで、使っても事故とカウントされないものがあります。

 

自動車保険のノーカウント事故

 

主なノーカウント事故としてはノーカウント事故

  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 弁護士費用
  • 個人賠償責任特約
  • ファミリーバイク特約
  • ロードサービス

などがあります。

 

こうしてみると、対人対物賠償を支払わない場合や契約自動車の運行に関係のないものがそれに該当しているようです。

 

人身傷害・搭乗者傷害

 

この2つは搭乗者のケガに関するものです。

 

対人・対物賠償や車両保険などの支払いがないことが前提で、人身傷害、搭乗者傷害のみを支払う場合にはカウントされません。

 

例えば、相手が100%過失がある追突事故などで、ケガを負ったケースです。

 

車の修理代などは相手から支払われますし、ケガの治療費も相手から支払われます。

 

それでも、ケガをしていれば搭乗者傷害や人身傷害といったケガの補償の支払い対象となることがあります。

 

これで使っても等級に影響しません。

 

また、人身傷害保険で搭乗中のみに限定していなければ、他の車に乗っている間の事故でケガをしたり、自転車に乗っていたり歩行中に車にはねられたときも対象になります。

 

この場合も同じくカウントされません。

 

弁護士費用・個人賠償責任

 

この2つもノンフリート等級に影響がありません。

 

弁護士費用を単独で使う場合には、こちらの自動車保険を使わないと思われますので納得の理由です。

 

また、個人賠償責任は車に起因しない日常生活の事故によるものが対象となります。

 

車の事故とは関係がないからカウントされないということなんでしょうね。

 

ファミリーバイク特約

 

ファミリーバイク特約は使ったとしても、契約車両の支払いに関係がないので、ノーカウントでも不思議はありません。

 

原付きバイクで事故をすると示談交渉をしてもらえた上に相手への賠償金などを支払ってもらえる上に、ノンフリート等級に影響がないということで嬉しいですよね。

 

ノーカウント事故以外は申告が必要

 

事故があったあとで保険会社を変更する場合には、事故で保険を使った旨を告知する必要があります。

 

告知しておかないと、あとで訂正しないといけないことになるので、手続きが大変になってきます。

 

今後の保険会社とお付き合いしていく上で良好な関係を築くためにも正直に申告したいものです。

 

ノーカウント事故の場合は申告は不要ですが、その事故が「ノーカウント」「1等級ダウン」「3等級ダウン」のどれに該当するか判断が難しい場合には、必ず確認しておきましょう。

 

自分ではノーカウント事故だと思っていたとしても、実際には1等級ダウンだったというtこともありますので、気をつけておきましょう。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru