中断証明書があれば自動車保険の見積もりを新規でする必要はななく、その中に記載の等級から始めることができます。

 

以前は何らかの事情で車を手放したけれどもまた購入するとなった場合ですね。

「等級を据え置きしておいてよかった~」と思う瞬間です。

 

契約に際しては原本が必要なのですが、見積もりだけであれば証明書記載の情報を入力するだけで大丈夫です。

中断証明書で自動車保険の見積もりをする方法

中断証明書で自動車保険の見積もりをしてもらう先としては

  • 一括見積もりサービス中断証明書 自動車保険 見積もり
  • 保険会社
  • 保険代理店
  • 保険ショップ

などがあります。

特に保険会社でなければいけないというわけではないですし、見積もりだけであれば気軽にできます。

 

ここでは、インターネットの一括見積もりサービスで試算する場合を想定してお話してみます。

試算はこちらからできます↓

一括見積りスタート

 

 

見積もり時に必要な情報

  • 記載の保険会社
  • ノンフリート等級
  • 前回の契約での事故件数

これらが必要になりますが、普通に自動車保険の見直しの試算をする場合と同じです。

 

必ず中断証明書を確認しながら入力していきましょう。

 

他には次に乗る車の「車種」「型式」「初度登録年月」や、年齢条件、補償内容などを入力していけば簡単に中断証明書を利用して自動車保険の見積もりを取ることができます。

契約時に必要なもの

見積もりの段階では情報を入力するだけで大丈夫なのですが、契約となると必要なものが変わってきます。

  • 中断証明書の原本
  • 車検証の控え

これらはクルマの情報や以前の契約を確認するのに必要です。

【関連記事】

中断証明書で再契約する方法

その他で見積もりしてもらえるところ

インターネットで試算するのが一番簡単なのですが、人と対面して説明を受けた上で加入したいというケースもあります。

 

そういった場合には、保険代理店や保険ショップなどがおすすめです。

 

選ぶ時のポイントとしては複数社の保険会社の商品を取り扱っているところを選ぶことです。

 

最近では複数社の見積もりをしてくれるところも増えてきていますが、損害保険会社は1社しか取扱っていないところも結構ありますので事前に調べておきましょう。

 

これらの中でも保険ショップはショッピングセンターの中や駅前などに店舗を構えていて、土日も営業をしているところが多いのでおすすめです。

 

中でも一押しなのは私が実際に利用したこともある「ほけんの窓口」です。

自動車保険に関する知識もしっかりしていて、他の保険にも詳しいので頼りになります。

 

中断証明書のコピーや次に乗るクルマの情報が乗った購入時の明細などを持って予約して行ってみましょう。

【関連記事】

ほけんの窓口、自動車保険見直し体験記

 

以上が中断証明書を利用して自動車保険の見積もりをする方法でした。あなたのニーズがあるところで、試算してみてくださいね。

 

 

 

 

 

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru