最近の自動車保険のロードサービスは年々充実してきています。

特にインターネットで契約するダイレクト通販型保険会社で顕著なようです。

 

自動車保険だけではなくて、ロードサービスのような付帯サービスでも他社と差をつけようと、各社がしのぎを削っているので、契約者としてはとてもありがたい状況です。

ロードサービスは利用しても割引等級に影響しない

このサービスは保険会社が契約者に対して行う付帯サービスのため、利用しても割引等級には影響しません。

 

例えば、車が故障してレッカー移動してもらって保険会社としては大きな費用がかかったとしても、自動車保険の補償を使うわけではないので等級はそのままということになります。

むやみに使うのはどうかと思いますが、安心して使えるのはメリットの一つです。

 

対人対物賠償や人身傷害などの基本的な補償内容だけではなかなか差別化が難しいので、こういった付帯サービスを充実させているのでしょうね。

自動車保険のロードサービスとは

基本的な保険の補償以外に「付帯サービス」と呼ばれるものになり、各保険会社が独自に用意しているものです。

証券などに同封しているフリーダイヤルへ電話をすると現場まで来てくれるという便利なものです。

 

ロードサービス

事故や車のトラブルが原因で自走不可能な場合に発動するものが多いと思います。
主なサービス内容としては

  • 事故や故障などによるレッカー移動
  • バッテリー上がりの充電
  • タイヤがパンクした場合のスペアタイヤへの交換
  • キーの閉じこみ・紛失
  • ガス欠によるガソリンの補充
  • 落輪・脱輪の際の引き上げ
  • 宿泊費や帰宅費用

などが基本となります。

レッカー移動・搬送

事故や故障などで自走不可能となったときに使えます。
最寄りの修理工場まで車を移動してもらえるのですが、距離などは保険会社ごとに違います。

 

【参考記事】

ロードサービスのレッカー移動・搬送は各社大きく違う

 

バッテリー上がり

バッテリーが上がってしまった際に、エンジンのスタートまでやってくれます。

バッテリー自体が弱っていたり、液が減っていたりした場合の交換などは含まれません。
交換する場合は別途費用がかかります。

 

私も以前これでロードサービスを頼んだことがあるのですが、そのときはエンジンを掛けてもらって、近くのオートバックスまで行って交換してもらいました。

エンジンがかかってしまえば最寄りのオートバックスやイエローハットといったカーパーツ専門店へ行った方がいいです。

その方が費用が安くつきました。

 

【参考記事】

バッテリー上がりでロードサービスを利用できる

 

タイヤのパンク

タイヤがパンクした場合には、スペアタイヤと交換してもらえます。
ただし、タイヤが別途必要な場合には費用がかかります。

保険会社によっては応急処置をしてくれるケースも有ります。

 

【参考記事】

ロードサービスでパンク修理してもらえるの?

キーの閉じこみからの復旧

車のキーを車内に入れたままでロックを掛けてしまった場合に開けてもらうことができます。

自動車の進歩により、最近は少なくなったとおもいきや、現在でもJAFの出動原因の第3位で全体の10%を占めています。

 

【参考記事】

キーの閉じ込みや紛失はロードサービスで対応できる!?

ガス欠によるガソリンの補給

ガソリンがなくなって自走できなくなった場合に、給油をしてもらえるサービスです。

1回の給油はたいてい10リットルとうのが一般的です。

 

以前は補給回数の制限がありませんでしたが、近年では年間1回までと制限を設けている保険会社が多いようです。

 

【参考記事】

ガス欠で動かなくなってもロードサービスは来てくれる

落輪・脱輪からの引き上げ

車のタイヤが側溝に落輪したり、縁石に乗りあげた利した場合に、引き上げまたは引き下ろしをしてもらえるサービスです。

一般的には1輪だけが落ちた場合には無料ですが、それ以上となると有料になる保険会社が多いでしょう。

 

【参考記事】

落輪・脱輪はロードサービスを使うと無料

臨時の宿泊費・帰宅費用

事故や故障で自走ができなくなった場合の自宅へ帰るための交通費や、1泊しないと帰宅が困難になった場合の宿泊費用のサポートを受けることができます。

宿泊費用はビジネスホテルクラスが基本となり、だいたい1泊1万円~1.5万円が限度となります。

 

帰宅費用は2万円限度くらいが相場ですね。

ただし、保険会社によっては限度金額を設けていないところもあります。

【参考記事】

宿泊・帰宅費用のロードサービスも充実してきた

ロードサービスは各社さまざま

以上が、一般的なロードサービスの概要となります。

 

無料でもかなり広い範囲のロードサービスが付いている保険会社もありますし、オプションとして保険料を上乗せをするとさらに充実したサービスが受けられるところもあります。

 

こういった付帯サービスも自動車保険会社を選ぶ時の判断材料となりえると思います。

 

自動車保険の有料のロードサービスについては別の記事内でお話していますので参考としてみてください。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru