自動車保険のロードサービスを選ぶとき、「パンク修理もやってもらえるんだ」と思っている人は意外と多いと思います。

 

これは当たらずとも遠からじというところなのですが、意味合いは少し違ってきます。

 

ロードサービスではパンク修理はしないのが基本

 

結論から言うと、自動車保険で付帯されているロードサービスではパンクは修理するのではなく、スペアタイヤへの交換になります。

 

パンクしたタイヤを修理するというのはあまりなく、結局交換することになりますよね。

 

修理 = 交換

 

なので、スペアを積んでいるとそれと替えてもらうことが修理と同じ意味合いになります。

 

スペアタイヤを積んでいなかった場合

 

もし替えのタイヤを積んでいなかった場合、保険会社によって対応は変わりますが、近くの修理工場まで搬送してもらえます。

パンク スペアタイヤ交換

結局はそこでタイヤを購入して交換になりますね。

 

これはレッカー移動のサービスの一環で、「自走できない状態」に該当するからです。

 

スペアがあれば交換で終わります。

 

私の経験上のお話をしますと、過去に5回くらい車をパンクさせられました。

 

釘を刺されての明らかにいたずらですね。

 

保険の仕事をする以前だったので、ロードサービスの付帯サービスでやってもらえるとは知りませんでした。

 

釘を刺されるたびに、近くのガソリンスタンドへ車を持って行って、新しいタイヤを購入していました。

 

スペアタイヤへ交換してもらうだけでも良さそうなものですが、当時は4WDの車に乗っていたので、スペアタイヤは車の後部に付いていました。

 

それがないと格好悪いので、結果的に買うことになりました。

 

工賃を含めて2万円近くになっていたと思います。

 

今思えば、ロードサービスでスペアタイヤへ交換してもらい、後でオートバックスなどのタイヤが安いお店へ購入しにいけばコストはもう少し少なくて済んだと思います。

 

余談になりましたが、保険会社によってはアメリカンホームダイレクトなどで、タイヤ補修剤による応急処置をやってくれるところもあります。

 

こういった、タイヤパンクの場合でもロードサービスの内容に差がでますので、私のようによくパンクする人は調べておきたいものです。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru