原動機付自転車(スクーター)に家族の誰かが乗っている場合には、自動車保険に「ファミリーバイク特約」を付けることにより、割安な掛け金で補償することできます。

 

ファミリーバイク特約の補償内容

 

では補償内容や範囲などをを見ていきましょう。

 

自動車保険のファミリーバイク特約で補償される範囲

 

対象となるのが

  • 記名被保険者
  • 同居の親族
  • 別居の未婚の子 

です。

これらの人が原付バイクを運転する場合に対象となります。
別居の未婚の子まで補償対象となるので、一人暮らしで大学に通っている子供が原付に乗っている場合にもこの特約を付けておくと安心ですよね。

 

主な補償内容

 

補償されるものは自動車保険本体に比べるとファミリーバイク特約は一部に限られています。

ファミリーバイク特約

 

  • 対人賠償
  • 対物賠償
  • 自損傷害
  • 人身傷害

以上の内容となっています。
一番重要な対人・対物賠償は補償されています。
また、気になる運転者のケガの補償には2種類あります。

自損傷害とは

 

『自損傷害』とは自損事故の場合のみに設定された金額を定額で補償されるものです。
自損事故のみなので、自分でこけた場合や電信柱にぶつかったときなどの自分のケガの補償です。
ある保険会社の一例を見ると

  • 死亡保険金 1500万円
  • 後遺障害保険金 50~2000万円
  • 介護費用保険金 所定の状態になったら200万円
  • 医療保険金 入院 1日6000円、通院 1日4000円

などがあります。
支払われる金額は保険会社によって開きがあるので、加入したい人は確認してみてください。

人身傷害とは

 

『人身傷害』の場合は治療費・休業補償などのケガに関わる費用を実費で補償してくれます。

これは「自損傷害」とは違い、自損事故も相手のある事故も補償することができます。

おすすめは「人身傷害」の方ですが、保険会社によっては「自損傷害」しかないところもありますので、加入するときには確認が必要です。

 

原動機付自転車の要件とは?

 

排気量125CC以下の原付バイクが対象となります。
自分や家族で所有しているものはもちろんですが、借用バイクが含まれる保険会社もあります。
借りたものまで補償されるとなると嬉しいですし安心ですよね。

原付の場合はファミリーバイク特約がお得

 

原付は単独で自動車保険に加入することもできます。

しかし、自動車保険の特約として付けることで保険料はかなり安くなります。

あくまでも相場の目安ですが、原付単独で保険に入ると年間で約2万円の保険料ですが、自動車保険の特約で付けると、約7000円~8000円くらいで加入することができます。

家族で原動機付自転車に乗る人がいる場合にはファミリーバイク特約を付けるようにしておきましょう。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru