タイヤがパンクした際に自動車保険の車両保険で対象になるかという質問を何度かいただいています。

結論から言いますと、タイヤの損害だけだと車両保険の対象とはなりません。
車の一部分なので修理代などが対象となりそうなものですが、ダメなんですね。

タイヤ パンク 自動車保険

 

タイヤのパンクは自動車保険対象外の理由

 

タイヤの単独損害というのは結構日常的にあるものです。

 
私自身も新車で4WDの車を買った時に何度かいたずらで車に釘を刺されていました。

 
また、運転を誤って縁石に乗り上げた際にタイヤがバーストしてしまったこともありました。

 
余談ですが、ボディに落書きをされたりしたのですが、そちらの方は車両保険で直せたはずですが、当時は知らなかったのでそのまま乗ってました。

 
ディーラーさんで保険にも加入していたのに教えてもらえませんでした。

 
こういった事故の場合は自己申告になるので、知っているのと知らないのとでは大きな差が出てしまいます。

 

要するにパンクまで保険で補償されてしまうと保険会社的には支払いや対応で大変なので免責になっているのだと思います。

 

タイヤの損害も補償されるケース

 

単独損害だと補償はされないのですが、車の他の箇所にも損害があったら補償対象になります。

 

例えば先ほどの私の例で、縁石にぶつかってしまったとして、タイヤだけではなくホイールまで破損してしまっていたらタイヤも一緒に自動車保険の車両保険で対象となります。

 
ボディと一緒に破損した場合でも同じことですね。

 

それと、ロードサービスでもタイヤがパンクしたケースで、対象となります。

 
これは新しいものを補填してもらえるというものではなく、スペアタイヤと交換してもらう費用が無料になるものです。

 

車両保険とは少し意味合いが違いますが、これだけでも助かると思います。

 

よくいたずらをされた当時、こういった補償やサービスが付いていることを知っていれば、費用負担は大きく違っていたと思います。

 

タイヤのパンクに限らずお金のかかる子育て世代には、保険料を賢く抑えながら、自動車保険を賢く活用することが必要ですね。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru