自動運転で、車の未来も「自動車保険」の未来も変わる?

2016年に日産が販売した車「セレナ」以降、さまざまなメーカーが”自動運転”を売りにした車を販売しています。

 

完全に車が自走する自動運転ではなく、一定の条件下でドライバーの運転を補助する「プロパイロット」(メーカーによって名称は異なる)という、運転補助機能のことを現状では「自動運転」と呼んでいます。

 

今後のAIの発達により、自動運転化技術もどんどんと洗練されて行くことでしょうが、ここでドライバーとして気になるのは、何も運転を補助する力だけではないでしょう。

 

各保険会社が自動車メーカーが開発した自動ブレーキシステムにより、交通事故が減少した結果、保険料を引き下げました。

さらに、自動保険の中に新しい割引<自動ブレーキ割>なる存在も登場し。

 

自動運転技術が高まる ≒ 自動車保険が安くなる

という関係性が生まれつつありますが、自動運転については、どうなのでしょうか?

具体的に自動運転搭載の車を運転しているドライバーは、自動車保険が安くなるか、その調査の結果をご紹介したいと思います。

自動運転のレベルに応じて、割引の可能性アリ?

完全なオートマチックな自動運転ではなく、ドライバーの運転を補助するプロパイロットシステムには、現状で「レベル」がそれぞれ設定されています。

分類 概要 責任関係等 システム
情報提供型 ドライバーへの注意喚起等 ドライバー責任 「安全運転支援システム」
自動制御活用型 レベル1:単独型 加速・操舵・制動のいずれかの操作をシステムが行う状態 ドライバー責任
レベル2:システムの複合化 加速・操舵・制動のうち複数の操作を一度にシステムが行う状態 ドライバー責任 「準自動走行システム」 「自動走行システム」
レベル3:システムの高度化 加速・操舵・制動全てシステムが行い、システムが要請したときのみドライバーが対応する状態 システム責任(自動走行モード中)
レベル4:完全自動走行 加速・制動・操舵を全てシステムが行い、ドライバーが全く関与しない状態 システム責任 「完全自動走行システム」

出典:『官民ITS構想ロードマップ2016』より

 

まず、ドライバーへの注意喚起を行う道路状況などの情報を提供する「情報提供型(スマートアシストなど)」は自動ブレーキシステムとは、関係のない技術なので、保険の割引適用とはほとんどの場合なりません。

 

次にレベル1と言われる「単独型(スマートアシスト2など)」も、自動ブレーキシステムが組み込まれているため、割引適用となります。

日産セレナのプロパイロットも含む「システムの複合化」もレベル2。自動ブレーキシステムを採用しているため、こちらも当然割引適用となります。

 

そして、2017年7月にアウディが販売したのが、世界で初となる「レベル3」。

こちらに関しては、自動ブレーキシステムが標準装備されているものの、法整備がまだまだ整っておらず、ドイツ以外では使えません。

 

なお、将来的にレベル3も実用化されれば、割引適用となる可能性が高いと考えられます。

 

それでは、最後にレベル4「完全自動走行運転」は、割引適用になるのか?

現時点では、法整備がされておらず、事故の際はドライバーに責任があるのか、車を製造した会社にあるのかがあやふやであり、割引適用となる可能性は十分あるものの、大幅な割引はありえないかも?

 

レベル3以上に関しては、今のところその性能も保険適用に関しても未知数であり、2017年現在でこれからどうなる、ということを明言するのは、難しいと言えるでしょう……。

自動運転の未来によって、保険料は安くなる? 未来は「自動車保険って何?」って時代になっているかも……

少なくとも、現状で「自動車ブレーキシステム」が採用されている車であれば、自動車保険が安くなることだけは事実です。

 

しかし、完全なる自動走行運転が可能になった時代のこと――少なくとも「レベル3」「レベル4」後のことは、現段階ではなんとも言えません。

 

レベル3以降の安全性が確認されば、確実に自動車保険は安くなるでしょうし、過去のSF映画のように“ドライバーが運転する必要がない”というレベルまで進化したら、もしかすると自動車保険そのものがなくなるかもしれません。

 

どちらにせよ、夢のある話ですが、現状に限っていればレベル1、レベル2の自動運転に関しては、自動車保険が安くなる、ということだけは覚えておいて損はありませんよ!

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru