自動車保険の見積もりを取るにはいろいろな情報を保険代理店や保険会社などに伝える必要があります。

また、一括見積もりサイトでは保険証券や車検証を見ながら自分で入力していくことになります。

インターネットの場合はできるだけ簡素化されているとは思いますが、それでも結構な情報量になります。

 

自動車保険の見積もりに必要な情報

大きく分けて以下のものが必要となります。

 

  • 車両情報
  • 被保険者情報
  • 現在の加入内容

この3つに分けることができるでしょう。

 

車両に関する情報

 

運転する車の情報です。
具体的には

  • 型式
  • 車体番号
  • 登録ナンバー
  • 初度登録年月
  • 安全装置や盗難防止装置などの有無

などです。
特に車体番号などを間違えてしまうと事故の際に対応してもらえないこともあるので、間違いがないようにしておきましょう。

 

被保険者情報

 

車を主に運転する人を被保険者と呼びますが、その人の情報です。

自動車保険見積もり

 

 

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 最若年運転者年齢
  • 免許証の色(ブルー・ゴールド)
  • 免許証の有効期限
  • 運転者の範囲(家族限定など)
  • 使用用途(レジャー使用・業務使用など)
  • 年間走行距離

 

などです。

このあたりは自分のことなので何も見ずに入力することが可能ですね。

 

現在の補償内容

 

現在どんな補償が付いているか。

 

  • 対人・対物賠償
  • 車両保険
  • 人身傷害
  • 搭乗者傷害
  • 弁護士費用
  • 個人賠償保険

 

などが主なものです。
補償内容は保険会社によって少しずつ違うことがあるので、注意が必要です。

もちろん、保険代理店などではおすすめの補償を付けてくれるケースが多いと思います。

必要な情報は正しく入力しましょう

まずは間違いがないように正く入力していくことが必要です。
先にも述べましたが、車体番号や登録ナンバーはその車を特定するものなので、特に重要です。

 

また、単純に「安くなるからゴールド免許証と入力しておこう」というのはいけません。

事故が起こった際には免許証のコピーが必要になります。

免許証の色に虚偽があった場合には、保険対応してもらえないケースもあります。

正しい情報を伝えておくと万一の事故の際にも安心できます。

以上が、自動車保険の見積もりに必要な伝えておくべき情報です。

もっと安くなる

保険を今より安くするには、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較することが一番の近道です。

サービス開始から累計310万人が利用した結果、平均で25,000円も安くなった『自動車保険の一括見積もりサービス』。

これを利用することで、最大17社の中からあなたにとって一番安い保険会社がわかります。

*見積もりをもらうだけで契約しなくてもOKなので安心です!

 

 

車買取画像

この無料一括査定を利用することで、愛車を下取りに出すよりも

平均で約17万円も高く買い取ってもらえた実績があります。

1分程度の入力をするだけで最大10社の買取価格を知ることができます。

次の車の購入予算を増やすためにも活用してみましょう。

 

⇒あなたにとって1番高い買取り価格を調べてみる

 

nabikuru